FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載している写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しています。問題がある場合はご連絡ください。】
かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縄に焦がれる女性とのお話」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信
皆様へのお願い:本ブログの掲載情報は、管理人が時間をかけて整理した情報のため、個人利用に限定し、転記、再利用等は控えていただきますようお願い致します。

「美しき濡れ肌」

SMアブハンター197507-3美しき濡れ肌

SMアブハンター1975年7月号の折込カラーグラビア「美しき濡れ肌」
このモデルは身体がいいですね。肌は滑らかで張りと弾力があり、縄が美しく肌に食い込んでいます。そういう身体だからこそ、左の写真のポーズでは二の腕と胸に縄をかけて欲しかったろ思います。こういう身体を好きにできておもちゃにできたら最高です。

「痺楽の罠」

SMアブハンター197507-1痺楽の罠

SMアブハンター1975年7月号の巻頭カラーグラビア「痺楽の罠」
「痺楽(ひらく)」という言葉も難しい言葉です。宇能鴻一郎の官能小説のタイトルにも使われていますが、痺れるような快楽という意味なのでしょうか。着衣緊縛の好きなかげまるといしては、もう一段階前の完全な着衣で縛られた写真が欲しいものです。モデルは縄が似合う身体で、表情も縄に酔ったようないい表情をしていて、ぼくにとっては興奮度の高いグラビアです。

「夢寐」

SMアブハンター197506-3夢寐

SMアブハンター1975年6月号の折込カラーグラビア「夢寐」
折込グラビアは折れ目があってそれを消すのに手間がかかるのですが、きれいに消すことができれば満足感が広がります。「夢寐」という言葉は初めて知りましたが、読みは「むび」で意味は「ねむって夢を見るあいだ」ということだそうです。SM雑誌でも勉強になります。左の写真のように股間が丸見えの格好で縛り上げて二穴責めなんていうのは好物です。手は後ろ手、脚は胡坐縛りのほうが好みですが、このような縛りも女性にとってはとても恥ずかしい姿なのでかげまる的にもアリです。右の写真は上から下まで柱に縛り付けられて縄の拘束感が厳しくて興奮します。お尻がなまめかしいのもそそられます。

「さらわれた娘」

SMアブハンター197506-1さらわれた娘

SMアブハンター1975年6月号の巻頭カラーグラビア「さらわれた娘」
左の写真はタイトル挿入画像なので選ぶしかないのですが、右の写真をどれを使おうかを迷いました。決め手は右上の縄を咥えている写真が好きで決めました。後ろ手の手首が上がり厳しい感じがしますし、胸や二の腕の縄もきれいです。全体的に無表情なモデルでさらわれてきた娘にしては怯えが感じられませんが、右上の写真だけは目を閉じて責めを待っている情感を感じます。

「悪魔の食卓」

SMアブハンター197506-2悪魔の食卓

SMアブハンター1975年6月号の巻央カラーグラビア「悪魔の食卓」
「恍惚のブルース」の別ショット版になります。「恍惚のブルース」では上に引き上げられた後ろ手できつく縛められていたのですが、このグラビアでは、後ろ手が下に下がっていたり胸縄がなかったりする縛りばかりでちょっと残念です。ただ、右の写真は美しい脚が魅力的で、お尻からふくらはぎまで触りたくなるいい写真です。脚の美しい女性は、個人的には黒のストッキングじゃないほうがいいんですけどね。

「縄の快楽」

SMアブハンター197505-3縄の快楽

SMアブハンター1975年5月号の折込カラーグラビア「縄の快楽」
スレンダーで縄の似合うモデルです。「縄の快楽」というからには、もっとギチギチに縛り上げて縄の気持ちよさを感じてほしいですが、当時はこれでしっかり興奮しておりました。

「哀愁日記」

SMアブハンター197505-1哀愁日記

SMアブハンター1975年5月号の巻頭カラーグラビア「哀愁日記」
美人とまでは言えませんが、裸で縛られるとは思えないような純情で素朴な雰囲気のモデルです。地方から出てきて悪い男に騙されて弄ばれるというストーリーでしょうか。と思いながらストーリー文章を読むと、かげまる好みのいやらしいマゾ女性の手記でした。ということで「哀愁日記」なのですね。

ストーリ(原文のまま)
清らかな筈の柔肌が、こんな異常なポーズに晒されていいのでしょうか。男性に激しく虐め苛まれながらも、勝手に燃えつのる淫らなわたし。いやらしい手に、思わず尻が持ちあがる、この恥ずかしい性癖、よごれた体にまた哀しい縄目が残る・・・・

「深夜の闖入者」

SMアブハンター197505-4深夜の闖入者

SMアブハンター1975年5月号の巻中フォトストーリー「深夜の闖入者」
ひさしぶりの更新ですので、普通のカラーグラビアではないものから。かげまると同じように最近闘病をされていた東てる美さん。この頃は、可愛い顔で緊縛姿や悶える表情を惜しみなく見せてくれていました。右上のポーズ、中央下の乳首を責められる姿、とても興奮します。

「濡れた生贄」

SMアブハンター197504-1濡れた生贄

SMアブハンター1975年4月号の巻頭カラーグラビア「濡れた生贄」
このモデルは表情がいいですね。辛いのか感じているのかどちらにもとれる表情、こういう表情をしてくれる女性に出会うともっともっと虐めたくなります。

ストーリ(原文のまま)
淫蕩な蛇に体を巻きつけられたみたいな甘くせつない縄の苦しみに、官能を燃えたてるマゾの業。「も、もっと」と苦悶の中で叫ぶ縄地獄の女・・・。
「いやー!そんな格好させるなんて約束が違うわッ・・・・・・」女の羞恥をすべて露出させて、恥ずかしさと戦う全裸の姿の美しくも哀しい被虐の旋律・・・・・・!
蛇のような執拗な縄の責めに苦吟する縄女の甘く切ない喜悦・・・・・・「ううう、いい、い!」女体が奏でる羞恥の音はこの世の最も美しい官能のメロディーか?

「美女幽閉」

SMアブハンター197504-2美女幽閉

SMアブハンター1975年3月号の折込カラーグラビア「美女幽閉」
このグラビアは残念ながらモデルもポーズも縛りも衣装もぼくの好みではなくて興奮度は低いです。印刷の質もあまり良くなくて色調調整にも苦労しました。。
カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。

【カウンターテスト中】
 since 2005.11.21
現在の閲覧者は  人です。
プロフィール

かげまる

管理人:かげまる(♂)

SMというより縄好き縛り好き。麻縄で後ろ手に縛られた女性に性的興奮を感じ、縄で縛られることを望む女性に惹かれます。そんな女性を縛って責めて感じる姿を見るのが大好き。脚フェチ。麻縄以外の拘束系、痛めるだけの苦痛系、浣腸/スカトロ系、奴隷/主従関係は苦手。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りリンク
検索フォーム
QRコード
QR