FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載している写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しています。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

「濡れた生贄」

SMアブハンター197504-1濡れた生贄

SMアブハンター1975年4月号の巻頭カラーグラビア「濡れた生贄」
このモデルは表情がいいですね。辛いのか感じているのかどちらにもとれる表情、こういう表情をしてくれる女性に出会うともっともっと虐めたくなります。

ストーリ(原文のまま)
淫蕩な蛇に体を巻きつけられたみたいな甘くせつない縄の苦しみに、官能を燃えたてるマゾの業。「も、もっと」と苦悶の中で叫ぶ縄地獄の女・・・。
「いやー!そんな格好させるなんて約束が違うわッ・・・・・・」女の羞恥をすべて露出させて、恥ずかしさと戦う全裸の姿の美しくも哀しい被虐の旋律・・・・・・!
蛇のような執拗な縄の責めに苦吟する縄女の甘く切ない喜悦・・・・・・「ううう、いい、い!」女体が奏でる羞恥の音はこの世の最も美しい官能のメロディーか?

「美女幽閉」

SMアブハンター197504-2美女幽閉

SMアブハンター1975年3月号の折込カラーグラビア「美女幽閉」
このグラビアは残念ながらモデルもポーズも縛りも衣装もぼくの好みではなくて興奮度は低いです。印刷の質もあまり良くなくて色調調整にも苦労しました。。

「鞭の恋人」

SMアブハンター197503-3鞭の恋人

SMアブハンター1975年3月号の折込カラーグラビア「鞭の恋人」
「鞭の恋人」というわりには、鞭よりも十手が目立つグラビアです。岡っ引きに捕まった女が縛られて鞭で責められ自白を迫るというシーンは、幼いころに時代劇で見ると興奮していたものです。

「淫らな宵」

SMアブハンター197504-3淫らな宵

SMアブハンター1975年4月号の折込カラーグラビア「淫らな宵」
このグラビアは4カットありますが、掲載した2カットの他は柱への立ち縛りと胸縄のない転がし縛りで、個人的にはそそられるグラビアではありません。モデルの顔をもう少しわかるようなカットもほしいものです。

「羞恥の遊覧」

SMアブハンター197502-1羞恥の遊覧

SMアブハンター1975年2月号の巻頭カラーグラビア「羞恥の遊覧」
奥様風の落ち着いた感じのモデルがいいです。欲を言えば、一枚くらい着衣での緊縛ショットが欲しかったし、右の写真の乳房の上から下にかかった旨縄はやめてほしかったですね。掲載していない写真は脚を広げて股間を晒しているポーズが多いグラビアです。

ストーリ(原文のまま)
「こんなのイヤよッ!」恥ずかしくって、懸命に拒否し続けた美代・・・40男の蛮力に屈して、異常なる性戯を受ける・・・。非情で鮮烈な責めの縄にもふと慰撫の心が・・・

「禁色の館 人妻の淫夢」

SMアブハンター197502-3禁色の館 人妻の淫夢

SMアブハンター1975年2月号の折込カラーグラビア「禁色の館 人妻の淫夢」
縄に身を委ねてぼんやりとどこかを見つめる目がいいですね。こういう女性は虐めていて楽しいものです。右の写真は後ろ手にきつく縛られて股縄を食い込ませられている美しい写真です。

ストーリ(原文のまま)
豊満な肉体に恵まれた私は時々いけない夢を見る・・・・普通に愛されている仕合せな私なのに、夫よりももっとちがったやり方で責められたくなるのです。縄で縛られた夢-恥ずかしい、恥ずかしいんですけど、この熱い罪な柔肌を総て晒してしまいたい。そしてあらゆる淫虐に耐えてみたい!

「令嬢初縄」

SMアブハンター197502-2令嬢初縄

SMアブハンター1975年2月号の巻中カラーグラビア「令嬢初縄」
左のこれから縛られる前の写真というものは縛られた写真よりも淫靡さが漂います。無理やり縛るよりも、縛られて虐められることに少し期待しながらどうなるのかしらと戸惑いを漂わせているという雰囲気が好きです。右の写真はどの写真を掲載するか迷いましたが、縛られてしまいこれからいろんな辱めを受ける前のポーズのものを選びました。「好きに私の身体で遊んでください」という思いが伝わってくるような気がします。贅沢を言えば、モデルのスタイルがもう少し良くて水着の日焼けがなければと思います。

「人妻恋縛」

SMアブハンター197412-3人妻恋縛

SMアブハンター1974年12月号の折込カラーグラビア「人妻恋縛」
左の写真は乳首をぐっと押し込んで責めたくなります。右の写真は弾力在りそうな乳房を楽しんだ後、股間をバイブで気を失うほど責めたくなります。右の写真は見開き2ページのグラビアを1枚に結合しましたので、かなり手間がかかりました。

「蠱惑の幼花」

SMアブハンター197411-4蠱惑の幼花

SMアブハンター1974年11月号の折込カラーグラビア「蠱惑の幼花」
緊縛グラビアのタイトルには時折難しい感じが使われています。蠱惑は「こわく」と読んで「人の心を乱し惑わすこと、たぶらかすこと」という意味だそうです。「蠱惑の幼花」とは人の心を惑わす若い女性ということでしょうか。左の写真も良いですが、正座した太腿に弱いぼくは右の写真に見とれてしまいます。

「隠花の呻き」

SMアブハンター197411-3隠花の呻き

SMアブハンター1974年11月号の折込カラーグラビア「隠花の呻き」
右の写真は乳房の形も良く縄がとても似合っています。縛り上げて服を切り刻むというのは、女性に恥ずかしさと屈辱を与え、これからどんな責めをして遊ぼうかと妄想が膨らみます。太腿はもう少しむっちりがいいですね。
カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

二代目管理人:コウ

麻縄で後ろ手に縛られた女性に性的興奮を感じ、それを望み感じる女性に惹かれます。そういう女性は大切にしたい宝物。縛られることに焦がれる女性と話をしたり、縛って眺めたり乳首を弄んだりするのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。コウの中にもそういう女性ユキを幼いころから飼っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR