FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載している写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しています。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

「落花無情」

SMクラブ198207-2落花無情

SMクラブ1982年7月号の巻央カラーグラビア「落花無情」
4ページだけのカラーグラビアですが、端正な顔立ちで和服の似合うモデルがとてもいいグラビアです。最後のページだけ恥ずかしいポーズで全裸で縛られていてその表情もいいのですが、右の写真にはあえて和服のまま下半身をめくられたものを選びました。和服は以前はあまり好みではなかったのですが、洋服よりも貞淑な感じがして最近はけっこう好きになってきています。

「秋縄」

SMクラブ198211-1秋縄

SMクラブ1982年11月号の巻頭カラーグラビア「秋縄」
着衣での緊縛写真が好きなぼくにとってこういうグラビアは宝です。左のタイトルの写真は、縛りもポーズもとてもいいと思います。欲を言えば、スカートがもう少し短いか捲れ上がるかして太腿がもう少し見えていて、ストッキングがナチュラルな感じであればさらにぼく好みになります。右の写真は着衣と対比して全裸姿を選ぼうと思ったのですが、胸が晒され下着も脱がされようとしている着衣の乱れた格好のものが左の写真の対比には良いかと思い選びました。モデルの表情もいいと思いますし、膝上の縛りや左足組と胸縄との繋ぎなど縛りも厳しくて、見ているだけで楽しい写真です。

「豊満なる痴宴」

SMクラブ197908-1豊満なる痴宴

SMクラブ1979年8月号の巻頭カラーグラビア「豊満なる痴宴」
黒い下着姿での緊縛ですが、大人の色気もただよいぼくの好きな部類にはいります。この頃のSMクラブや別冊SMファンはグラビアの一カットが裏表紙にもあって、実はその写真がグラビアの中で一番好きな構図だったりします。このグラビアも裏表紙の写真が一番好きですので、追って掲載する予定です。撮影同行記が記事中にあり、モデルは、泉燿子と書かれています。

「羞縄花」

SMクラブ198012-1羞縄花

SMクラブ1980年12月号の巻頭カラーグラビア「羞縄花」
普通っぽい服装での緊縛がなかなかいいです。室内にしては珍しくヒールを履いて縛られているのも新鮮な感じがします。モデルもスタイルはいいのですが、顔がぼく好みではないのがちょっと残念です。

「夢追い詩」

SMクラブ198204-3夢追い詩

SMクラブ1982年4月号の巻中カラーグラビア「夢追い詩」
かわいいモデルでお気に入りのひとつのグラビアです。右の写真は、スリップ姿で縛られて畳の上に横になっている写真と縛られて立っている後姿の写真と大いに迷いました。最終的には、後手が見えていること、太腿がまぶしいこと、こういう姿で犬や猫のように食事をしようとしているかわいらしさに惹かれてこの写真にしました。こういう娘がそばにいたら楽しいでしょうね。

「怨み縄」

SMクラブ198206-3怨み縄

SMクラブ1982年6月号の巻中カラーグラビア「怨み縄」
色が白くてきめ細かい肌が魅力のモデルです。縛る縄は少ないですが、美しい体に食い込む縄は美しいものです。自由を奪われた女性が男に嬲られる時の切なそうな表情がたまりません。右の写真の胸縄が胴体と腕で別々になっているのが惜しいところです。

「冬情泣夜」

SMクラブ198202-1冬情泣夜

SMクラブ1982年2月号の巻頭カラーグラビア「冬情泣夜」
なかなか情感あふれる日本的な緊縛写真です。ぼくはスカート姿が好きなほうなのですが、こういう雰囲気の和装モノも嫌いではありません。ぼくの好きな豆絞りの被せ猿轡は、目の表情に女性のすべてが出る感じがします。右の写真の表情もぼくのいろんな妄想をかりたててくれます。

「夢幻火」

SMクラブ198208-2夢幻火

SMクラブ1982年8月号の巻中カラーグラビア「夢幻火」
SM妖美写真集 第7集表紙の表紙の本誌グラビアです。右の写真の、耐えているような表情、二の腕の縄の食い込み、ぎっちりと縛られた手首、むっちりとしたお尻と太腿、揃えて縛られた足首。こういう後姿の写真は、ぼくにはたまりません。

「木洩日の午後」

SMクラブ198112-1木洩日の午後

SMクラブ1981年12月号の巻頭カラーグラビア「木洩日の午後」
左の写真の構図はぼく好みです。後手が見えてスカート着衣で脚が見えている、それだけでぐっときてしまいます。モデルは細身ではありますが、縄はまぁまぁ似合います。

「夕顔咽ぶ涼刻」

SMクラブ198208-1夕顔咽ぶ涼刻

SMクラブ1982年8月号のカラーグラビア「夕顔咽ぶ涼刻」
かわいいモデルですがこの時期にはよく見かけたような気がします。左の写真は浴衣に縄が良く似合っていて、はだけた裾からの脚が艶かしいです。右の写真は胸をあらわにさせられて股縄をかけられているところですが、表情ときれいな肌とかわいい胸がとてもいいと思います。
<追記:2006.6.20>
モデルは木崎由香里であるとのご連絡をいただきましたが、ビッグショット4月号表紙 にも書きました通り、顔つき・体型とも似ているのですがホクロの位置や肌の美しさやヘソの形をどうも一致させることができませんでした。
カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

二代目管理人:コウ

麻縄で後ろ手に縛られた女性に性的興奮を感じ、それを望み感じる女性に惹かれます。そういう女性は大切にしたい宝物。縛られることに焦がれる女性と話をしたり、縛って眺めたり乳首を弄んだりするのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。コウの中にもそういう女性ユキを幼いころから飼っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR