FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載している写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しています。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

宝石のような女性

ハイヒールをはいた脚のきれいな女性は縄が似合います。
肌の白い女性は縄が似合います。
二の腕がプルンとしている女性は縄が似合います。
胸は大きすぎない方が縄が似合います。

そんな女性を街中で見かけると、妄想の世界でその女性を縄で縛りあげています。どうしようもない変態男ですが、中には着飾った自分を縛ってほしい、縄できつく縛られたいと思っている女性もいるはずです。ぼくのような男からすると、そんな女性は宝石のような存在だということに気付いてほしいものです。人生の中でそんな宝石のような女性に何人出逢うことができるのでしょうか。

飽くことない縛られた女性の魅力

麻縄で後ろ手に縛られた女性を見ると、なぜこんなに反応してしまうのでしょうか。さらに、その女性が縛られるという変態行為を望み自らの意思で縛られている状況だと、さらに熱く興奮してしまいます。それだけで、ぼくはその女性を可愛らしく、美しく、魅力的に感じてしまうのです。そんな女性は、宝物です。そしてその興奮の度合いは、何年たっても何人女性を縛っても、枯れるどころかより高まっていく気がします。若いころはそんな自分の性癖を隠し卑下していましたが、今はこの性癖が生きる糧のようになっています。女性を縛る魅力、縛られた女性の魅力、縛った女性を責める魅力、縛られて責められることを望む女性の魅力に飽くことはありません。ぼくは、かげまるさんの「縄と縛りに対する思い」にすべて共感できるまったく同じ嗜好の人間なのです。あえてかげまるさんと違うところがあるとすれば、私の中にユキを飼っていることでしょうか。

これから折を見て更新をしていこうと思います。よろしくお願いいたします。

縄を喰い込ませたい衝動

ぼくはスカートから伸びる美しい脚を見ると、その女性の容姿や年齢に関係なくその脚に縄をかけたいという衝動が湧き上がってきます。ぼくにとっての美しい脚というのは、太腿はふっくらと程よく肉がつき、足首が細くてふくらはぎの曲線が美しい脚で、パンストとハイヒールが似合う脚です。ぼくが脚フェチ、パンストフェチ、スカートフェチ、ハイヒールフェチだというのはここに何度も書いていますが、それがすべて揃った女性を見るとその脚を縛って縄を食い込ませたくてたまらなくなってしまいます。もちろん、そういう変態な思いは表面には出さないようにはしているつもりですが、なんどもその脚を見たくて無意識に近寄ったり後をついていったりしてしまうこともあるので十分変態男に見えているのかも知れません。

困ったことに最近は脚だけではなくもうひとつ縄をかけたい衝動にかられる部分があるのです。それは太すぎずむっちりと肉のついた白くて肌のきれいな二の腕。そんな二の腕をみると、腕を背中にねじ上げて手首を縛り二の腕に縄をきつく食い込ませたくなります。幸いにも季節は秋から冬に向かい、街なかに二の腕を見ることは少なくなってそういう衝動に駆られる機会は減りましたが、どうして女性の身体のパーツにこうも性的に興奮するのでしょうね。しかもぼくの場合は縛りたいという変態行為をしたいという興奮ですからやっかいです。

写真は最近出番の多いユキちゃんですが、ユキちゃんの脚も二の腕もかげまる的にはかなりストライクゾーンです。

変態の性的興奮

書店やDVDレンタル店などに行くといつも思うことがあります。アダルト向書籍やDVDだけではなく、一般の雑誌にも女性のヌード写真はこれでもかとあふれています。ぼくの好きな縛られた女性はアダルト向けには数は少ないもののジャンルとしてはありますのでなんとか自分好みのものを探すことはできなくはありませんが、アダルト以外では着衣でも女性が縛られた写真を見つけるというのはなかなか難しいものです。

ぼくからすれば女性が縛られた姿というのは興奮度ナンバーワンであるにもかかわらず、世の中ではこんなに少数派で異常なのかと悲しくなってしまいます。普通の女性の裸やノーマルな性行為で性的に満足することができればどんなに楽だろうと思います。女性が縛られている姿にこんなに強い性的興奮を感じるのに、それがわからない人が大多数だというのはぼくからしたら本当に納得できないことです。

だから変態でありアブノーマルなんだということなのかもしれませんが、女性の縛られた姿の淫靡さと美しさ、その時の女性心理、そして日常と非日常のギャップから感じる興奮は、ノーマルな人がヌード写真などで感じる興奮とは質がまったく違うのではないかと思うんです。女性の「セックスの快感と縛られた快感は別次元」ということにつながるのかも知れません。普通のセックスはマンネリになっていきますがアブノーマルな性癖は年を経ることに深まりマンネリ・飽き知らずというのも大きな違いかもしれません。皆様はいかが思われますでしょうか?

変態であることの幸せ

パートナーとSMプレイを楽しむ時は、ほとんどの場合ホテルのフリータイムを目いっぱい使うことが多い。午後0時から夜7時とか、朝10時から夕方6時までとか、7、8時間はホテルの部屋で楽しむ。パートナーと他愛もない話をしたり、軽く食事をしたり、風呂に一緒にはいったりという時間も含んではいるが、パートナーを縛り上げて、いろいろな方法で責めて楽しむには、そのくらいの時間でも足りないと感じてしまうことが多い。

最初は着衣のまま縛り上げてその姿を眺めていたり、スカートから伸びるパンストの脚を触ってみたり、服をはだけて乳房を出して指やクリップで虐めてみたり、そういう軽い感じでも2時間以上は必要だ。下着姿や全裸にして縛り上げ、股を広げたり胡坐縛りにしたりして2穴をバイブで責めたりして何度もイカせて楽しむ。身体にに蝋燭を垂らしたり鞭で痛めつけたりしていると、さらに3、4時間くらいはあっという間に過ぎる。縛る方も縛られる方も、かなりの肉体労働だ。

そんな長い時間ではあるが、我慢できずにパートナーの口や穴に突っ込んで射精するというのは、1回程度でしかない。射精すると頭も満足してしまいパートナーを責めたいという気持ちが一時的に冷えるし、射精による疲れて眠ってしまうこともある。眠ってしまったりしたら、あとで思うと本当にもったいない時間を過ごしてしまったという後悔となる。なので、プレイ中は射精はせずに、責めた後一番最後にセックスするとか、風呂などでくつろいでいるときに口を使って処理してもらうとかがいいのかもしれないと最近は思ったりする。もっとも、6時間も7時間も性的興奮状態が続くとその時にはあそこの元気がなくなることもあるので、悩ましいところかも知れない。

そもそもセックスが主目的ではないし、パートナーを縛って虐めることで性的興奮が高いレベルで続くので、それならばそれで最後まで射精しなくても別にいいかとも思えるようにもなってきたが、自分の身体を変態玩具や性的処理として使ってほしいと思っているパートナーからすれば、最後までぼくが射精しないというのは、悲しい思いとか申し訳ない思いを感じるのかもしれない。それもまた可愛いと思えるところなのだが、そんなことはあまり感じさせたくはない。

ぼくのような変態は、セックスが最終目的ではなく女性を縛るということに興奮し、楽しい時間を長く飽きずに過ごせるということが本当に幸せなことなのだと思う。この先、年齢による衰えや病気によってセックスが満足にできなくなることになったとしても、縄でパートナーを満足させて気持ちよくさせることができればいつまでも女性と楽しめるということである。そう考えると、つくづく変態性欲者でよかったと思ってしまう。

乳首を責める楽しさ

女性の乳首を責めるのは、なぜこんなに楽しいのでしょう。

触れるか触れないかという感じで優しく愛撫した時の反応も楽しいけれども、乳首をクリップで挟んで痛めつけている時の反応の方がずっとずっと楽しい。「痛い、はずして」と哀願していたと思ったら身体をピクピクさせてイってしまったりする。立ち縛りにして釣りの錘をつけたクリップで挟んだり、胡坐縛りにして三角形に麻紐で結んだクリップを舌と乳首を結んで挟んだりして楽しむ。クリップをはずした後も、指で乳首を潰して捻り上げて、その手加減での反応を楽しむ。痛みに耐えて苦しそうにしていながらそのうちに登りつめてしまう女性の顔を眺めていると、何度も何度も乳首を責め続けたくなるのです。

もちろん、こういう楽しみ方ができるのは、女性ならば誰でもというわけではありませんが。

脚とスカートとパンストとハイヒール

またしても一年近くの放置状態となってしまいましたが、それでも訪問していただいてありがとうございます。少し余裕が出来つつありますので、とりあえずまたぼちぼちと更新していこうかと思います。よろしくお願いいします。まずは戯れ言から。

ぼくは、縛られた女性が好きな縛りフェチですが、その他にも、
 ・脚フェチ
 ・パンストフェチ
 ・スカートフェチ
 ・ハイヒールフェチ
でもあります。

脚フェチと言っても生足や裸・水着から出た脚は興味半減で、パンスト・スカート・ハイヒールが組み合わさっての脚が最高に好きなのです。好きと言えばさわやかですが、実際は激しく欲情し性的興奮を覚えしまうといういやらしいものです。もちろん、そういう思いは悟られないようにしていますが、案外ばれていたりしているのかも知れません。

女性は、普通にファッションとしてパンストを穿いてスカートを穿いてハイヒールを履いて外に出かけることが、まさかぼくのような人間の性的欲情をそそることになっているとは想像できないでしょうね。それとも女性の方々もパンスト・スカート・ハイヒールをはくときに、男の欲情をそそることを知っていて自分も欲情したりしているのでしょうか。女性の方のご意見も聞かせていただきたいものです。(たぶん、「バカじゃない!服を着るたびに欲情していてどうするの!」と言われると思いますが・・・(^_^;))

なので、ぼくは女性を縛りあげる時はまず最初はパンスト・スカート・ハイヒール姿のまま縛り上げて楽しむのです。

女性を求める原動力

縛られることに特別な思いのある女性を麻縄で縛りたい、そういう性癖がいつまでも女性を求める原動力になっているような気がします。女性を求めると言っても挿入して射精することが主目的では無いので、性癖と言うより美を求める芸術魂だと思うのですが世の中には理解されませんね。若い頃は自分の性癖を隠すことばかり考えていましたが、今は女性を縛りたいという性癖のおかげで人生を楽しめているような気がします。

そろそろ、長い冬眠を終えて動き出そうと思います。

新しい麻縄

新しい麻縄

女性を縛るための麻縄を変えました。右は今まで使っていた縄屋の麻縄です。柔らかくていいのですが麻が擦れる音がほとんどしないのと、色が明るくて写真写りがどうも手芸ロープみたいになってしまうのが不満でした。左は最近入手した「鞣し加工済麻縄」。束を握るとギシギシ音がしてこれぞ麻縄。色も少し黒っぽくて好みです。さっそくパートナーに使ってみたところ、「動くと麻縄の音がして、縛られてる感が強く感じられてとても良かったです♪」とのこと。縛るときにシュルシュルと音がし、縛られて息を吸い込むだけでギシギシと音がしてこそ麻縄の緊縛感というものですね。

縛りたい女性

ぼくが縛りたいと思う女性。

太っている女性は苦手。
痩せ過ぎている女性も苦手。
胸の大きすぎる女性も苦手。
肌が小麦色の女性も苦手。
筋肉質な女性も苦手。
髪の毛の短い女性も苦手。
痛々しく感じる顔立ちの女性も苦手。

書けばキリがないけどそんな贅沢をいう立場でもないのでとりあえずこのくらいにしておきます。
これらにあてはまらない女性がぼくの縛りたいと思う女性ということになるのですが・・・

実はこのような肉体的特長は縛りたい女性ということのそれほど大きなファクターではありません。

一番縛りたいと強く思うファクターは、心。
その女性の縄と縛りに対する心。
それが一番なのです。

ぼくは、嫌がる女性を縛っても楽しくはありません。

縛られたいという感情をずっと恥ずかしさと自己嫌悪の中で秘めてきて、それでも縛られるということに憧れ続けてきた女性。
ぼくはそういう女性を縛りたいと思うのです。
そういう女性は、縛られることにいつも新鮮な気持ちで挑んできてくれます。
そういう女性は、普段のノーマルな顔(心)と縛られたいと思うアブノーマルな顔(心)とのギャップが大きいのも魅力です。

縛られたいという気持ちを心に秘めた女性を縛りあげて、そうされることにより性的興奮を感じ淫らになって快感の中で泣き叫ぶ。
そういう女性を見るのが至福の時なのです。

ですからやはり、ぼくには「SM」とか「調教」とかいう言葉はあわないように思います。
「縛り好き」なんてかっこうつけた言葉もきれいすぎますので、単純に「ヘンタイ」という言葉が一番しっくりきたりするのです。
カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

二代目管理人:コウ

麻縄で後ろ手に縛られた女性に性的興奮を感じ、それを望み感じる女性に惹かれます。そういう女性は大切にしたい宝物。縛られることに焦がれる女性と話をしたり、縛って眺めたり乳首を弄んだりするのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。コウの中にもそういう女性ユキを幼いころから飼っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR