FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載している写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しています。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユキちゃんの願い(その5・お尻を叩いて・・・顔をぶって・・・)

今回から、ユキちゃん自身にユキちゃんの願いや思いを書いていただくことにします。

私は縄で縛られるのが好き。縛られて叩かれるのが好き。身体を縄できつく縛られると私は好きな人に「お尻を叩いて・・・顔をぶって・・・」とおねだりする。好きな人は目をキラリと輝かせて、私のお尻を叩き頬をぶって、その痛さに堪えて苦しんでいる私の表情や姿を見て興奮してくれる。そういう状況に幼い頃から憧れていました。好きな人がそういうことをして楽しんでくれるようになることが今の私の願いです。 (ユキ)

ユキちゃんの願い(その4・私をあなたの玩具にしてください・・・)

ユキちゃんは縄で身動きできないようにきつく縛られると、何をされてもいいという気持ちになると言います。優しい言葉をかけられるよりも、変態であることを蔑まれ虐められることがユキちゃんをより深く倒錯の世界に追い込むことになるのです。普段は優しい好きな人が自分を縛った時だけは自分を性的玩具として扱って虐めてくれる、それがユキちゃんの願いです。

ユキちゃんの願い(その3・縛られた恥ずかしい私の写真を撮って・・・)

好きな人に手も脚も縛られて身動きできないユキちゃん。ユキちゃんは縛られた縄の感触と縛られている自分の姿に酔い、日頃抑えている感情を抑えられなくなって普段ではとても話せないことをささやいてくれます。「こんなふうに縛られて感じている自分が恥ずかしい・・・でも、その縛られて恥ずかしい私の写真をもっともっと撮って・・・」。好きな人にそうお願いするユキちゃんは、本当に幸せそうです。

ユキちゃんの願い(その2・今回は脚も縛ってください・・・)

先月、縛られたいという思いを生れて初めて好きな人に伝え、その願いを叶えてもらったユキちゃん。でも好きな人はかげまるの遠隔指示に従って慣れない手つきで縄を使って後手に縛るのがやっとでした。身体中をきつく麻縄で縛られたいと願うユキちゃんは、今回はできれば脚も縛ってくださいと好きな人にお願いしたそうです。ユキちゃんは、きつく縛られたい、恥ずかしい恰好で縛られたい、苦しいポーズで縛られたい、身動きできない姿でお尻や頬を叩かれたい、そして、身体中愛撫されたい、そんな自分が秘めてきた思いを話してくれるのですが、それが実現するのもそう先のことではないのかも知れません。ただ、脚フェチのかげまるとしてはユキちゃんの脚だけでもぼくが縛りたいぞと思ったりするのですが。

ユキちゃんの願い(その1・このワンピース姿で縛られたい・・・)

今回縛られる時の衣装としてユキちゃんが選んだのがこのワンピースです。このワンピース姿で動けないように麻縄できつく縛られたいと思って準備したそうですが、このワンピースはかげまる好みでこの姿でユキちゃんが縛られるのかと思うとドキドキしてきます。ユキちゃんは普段はこういう服を着る機会は少ないらしいのですが、本当はこういう可愛い服が大好きで縛られる時は好きな服で縛られてみたいと思って準備しているのだそうです。ユキちゃんはこういう服も良く似合うと思うので普段から着ればいいのにとかげまるは思うのですけどね。

ユキちゃんとユキちゃんの好きな人との再会

さわやかな風がそよぐ秋の日、久しぶりにユキちゃんとユキちゃんの好きな人に会ってきました。自分の秘めていた恥ずかしい性癖を好きな人にカミングアウトしてそれを受け入れてもらえたことで、以前にもましてユキちゃんは可愛く妖艶になったみたいです。ユキちゃんの好きな人はユキちゃんに喜んでほしくて、かげまるの手ほどきを受けながらユキちゃんを縛ることがかなり上手になってきました。脚フェチのかげまるの希望で撮影していただいたユキちゃんの脚の写真と、お気に入りのワンピースで縛られたユキちゃんの写真を少しずつご紹介していきます。ご興味のある方だけでけっこうですので気長におつきあいいただければ嬉しいです。

ユキちゃんの告白(その4・もっときつく・・・)

ユキちゃんの告白最終回です。
ユキちゃんは好きな人に自分の変態的な性癖をカミングアウトしたのですが、実はユキちゃんの好きな人は縛るということに対してはまったくの初心者で、写真のような簡単で緩めの縛りしかできません。ユキちゃんは脚も含めて体中をきつく縛られたいという願いを持っているのですが、それはまだ実現されていないのです。かげまるがユキちゃんを縛ることができれば、恥ずかしい姿できつく身動きできないように縛って虐めてあげることができるのですが、ぼくはユキちゃんを縛ることができないのがもどかしいところです。ぼくがユキちゃんの好きな人に縛り方を教えるかわりにユキちゃんの縛られた写真を撮ってもらっているのですが、早く縛ることが上手になって、身体中縄できつく縛られたユキちゃんの写真を見ることができればと願うかげまるなのです。そういう写真が入手できれば、またユキちゃんの写真を掲載したいと思います。

ユキちゃんの告白(その3・自縛)

幼い頃から縄で後ろ手に縛られるということに憧れていたユキちゃん。自縛ということもいろいろとやってみたそうです。最初の頃はホームセンターで買ってきた綿ロープで脚を縛ったり胸を縛ったりしていたそうで、家に誰もいない時に素っ裸になって自分の身体にロープを巻き付けるだけで異常な興奮を覚えたそうです。でもすぐに、後ろ手に縛られたいという思いが強くなり、胸を縛ったロープの背中側に輪っかを作ってそこに手首を入れて締め上げるとかいろいろと工夫をしてみたそうですが、最終的には自分で緩めることができないとダメなので、ユキちゃんの望んでいた「後ろ手に厳しく縛り上げられて自分の力では絶対に逃げられない」という縛りは実現できるはずもなく、ユキちゃんは自縛に対して物足りなさと限界を感じていきました。

ユキちゃんの告白(その2・幼い頃のときめき)

ユキちゃんは、幼い頃からドラマなどで女性が縛られているシーンを見ると顔が火照って心臓がドキドキしたそうです。私もあんな風に縛られたいと思ったものの、幼いながらもそれは人に言ってはいけないように思えてずっと自分の胸の中に秘めてきたそうです。ようやく願い叶い、好きな人に好きな衣装で初めて縛ってもらうことができてとても幸せだと話してくれました。脚フェチのかげまる的にはユキちゃんの縛られた脚を見てみたいです。

ユキちゃんの告白(その1・カミングアウト)

かげまるとユキちゃんはかなり古くからの知り合いですが、ユキちゃんには物心ついた頃から感じていた複雑な性癖があって、その体験への憧れと変態だという自己嫌悪でずっと悩んできました。その性癖を心の中に秘めたまま生きていくことに耐え切れなくて、ユキちゃんは最近好きな人にその性癖をカミングアウトしました。軽蔑されて嫌われると思っていたユキちゃんは、好きな人が意外にもそれを受け入れてくれて一緒に楽しんでくれたことがとても嬉しかったそうです。

カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

二代目管理人:コウ

麻縄で後ろ手に縛られた女性に性的興奮を感じ、それを望み感じる女性に惹かれます。そういう女性は大切にしたい宝物。縛られることに焦がれる女性と話をしたり、縛って眺めたり乳首を弄んだりするのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。コウの中にもそういう女性ユキを幼いころから飼っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。