FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しております。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

「こだわり緊縛美の世界」10年の思い出(その2・美帆さんとの出会い)

「こだわり緊縛美の世界」も11月22日で11年目にはいりました。自己満足の自分の楽しみ中心で今後も続けていきたいと思いますので、興味のある方はよろしく御贔屓願います。『「こだわり緊縛簿の世界」10年の思い出』2回目は美帆さんのことです。

薫さんのことがあって一年以上経った2007年11月25日に「こだわり緊縛美の世界」のあるエントリに「トキメキました!」というコメントを書いてくださったのが、美帆さんとのはじまりでした。美帆さんが最初に訪問してくださったのは11月24日。その時に「こだわり緊縛美の世界」とかげまるにトキメキを感じてくださったそうなのですが、その時は更新を半年ほど休止していた時期で美帆さんはとても残念に感じたそうです。そのトキメキが忘れられずに翌日11月25日に再度「こだわり緊縛美の世界」を訪問したところ、なんと再開していて喜びのあまり書いていただいたのが「トキメキました!」というコメントというわけです。まさに運命!という出会いでした。しばらくメールや電話でやり取りをさせていただいて、初めてお会いしたのは3ヶ月後。美帆さんの第一印象は品の良い素敵な奥様風という感じ。その時のかげまるの心の中は、「こんな人が縛られたいと思っているんだ、こんな人を縛ることができるんだ」という思いで溢れ、ぼくは美帆さんとは対称的になんと下品でいやらしいな男だと思った記憶があります。しかし、薫さんのことがあったので、自分の欲望を抑えて美帆さんの話を聞き美帆さんの緊張をほぐし、美帆さんに気持ち良くなってもらおうということを考えていました。そして、その時までイッたことがないとおっしゃっていた美帆さんが恥ずかしい姿に縛られてぼくに責められることで初めて絶頂を迎えて涙を流されたことが、ぼくもとても嬉しかったことを覚えています。

美帆さんは一回だけでもいいので若いころから恋焦がれていた縛られるということを体験できればと思ってかげまると逢ってくださったのですが、お互いが満足し惹かれあう出会いでしたのでそれから何年もお付き合いさせていただくことになります。
カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

Author:コウ

SMというより縄好き縛り好き。縛られることに焦がれる女性を縛って、バイブ責めをしたり、乳首やお尻を鞭や蝋燭で痛めつけるのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。
縄以外の拘束系、血を見るような苦痛系、浣腸・スカトロ系は好みではありません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR