FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載している写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しています。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

SM妖美写真集 第2集表紙

SM妖美写真集198002-0表紙

日本出版社発行SM妖美写真集1980年2月号(SMクラブ'80春季増刊号)の表紙。
この第2集は持っていなかったのですが、ぶらりと立ち寄った古書店に1000円で無造作においてあったので買ってきました。表紙のモデルはSMセレクトなどのグラビアでもよく見かけたポッチャリ系のモデルです。カラーグラビアは興奮度は少ないのですが、懐かしさを感じる美しい緊縛写真です。

SM妖美写真集 第11集表紙

SM妖美写真集198408-0表紙

日本出版社発行SM妖美写真集1984年8月号(SMクラブ'84秋季増刊号)の表紙。
ぼくの持っているSM妖美写真集はこれが最後になります。表紙の写真は、まったくいただけないものなのですが、内容はまだまだけっこう魅力的なグラビアが多く掲載されています。中でも「愛奴狩り」というカラーグラビアが当時からお気に入りでした。縛られたきれいな胸がたまりませんでした。

SM妖美写真集 第10集表紙

SM妖美写真集198402-0表紙

日本出版社発行SM妖美写真集1984年2月号(SMクラブ'84春季増刊号)の表紙。
第10集になると、表裏の表紙のデザインがかなり変わってきました。表紙の写真はぼくの好みから少しずれてはいますが、中のカラー&モノクログラビアはまだまだぼくの欲望を満たせてくれる内容です。この写真集も発売時に買った一冊で大切に扱ってきたのですが、グラビアが何ページか背から取れてしまっています。スキャナは取りやすいというメリットはありますが、コレクションとしては本当に残念なことをしてしまいました。ところで、SMクラブ誌は全体的にいいモデルが多いと思うのはぼくだけでしょうか。

SM妖美写真集 第9集表紙

SM妖美写真集198308-0表紙

日本出版社発行SM妖美写真集1983年8月号(SMクラブ'83秋季増刊号)の表紙。
第8集にくらべて雰囲気が少し変化してきていて、屋外撮影のグラビアが多くなってきています。着衣と裸の写真のバランスがいいのと、縛りがしっかりしているところはしっかりと引き継がれています。裏表紙のモデルは石川亜美ですね。中に「悪夢のオリエンテーション」というタイトルの10ページカラーグラビアがあります。

SM妖美写真集 第8集表紙

SM妖美写真集198302-0表紙

日本出版社発行SM妖美写真集1983年2月号(SMクラブ'83春季増刊号)の表紙。
この号から表と裏の表紙のモデルが異なる写真になりました。表は「森の中の痴態」というタイトルのグラビア。裏はあの山口百恵似のモデルということからか、「百恵・サディスティック・ラブコール」というタイトルのグラビアからのカットです。カラーグラビアは、着衣での縛りと衣服を乱した縛りが対比して掲載されているものが多いのがGOODです。

SM妖美写真集 第7集表紙

SM妖美写真集198208-0表紙

日本出版社発行SM妖美写真集1982年8月号(SMクラブ'82秋季増刊号)の表紙。
今まで掲載してきたのも含めて、SM妖美写真集はすべて当時買ったものです。この時期はSMクラブもよく買っていたので、この写真集のカラーグラビアは、SMクラブ本誌に掲載されたものをかなり保有しています。ただ残念なことに、グラビアだけの保存のために何月号のグラビアかわらなくなっています。当時楽しんだ写真は、今見ると懐かしくて魅力的に見える写真が多いです。

SM妖美写真集 第6集表紙

SM妖美写真集198202-0表紙

日本出版社発行SM妖美写真集1982年2月号(SMクラブ'82春季増刊号)の表紙。
この表紙は、おなじみ丹羽さゆりです。このグラビアのSMクラブ掲載時のものは、「淫ら夜」になります。この写真集では「アブ裸舞ゲーム」というタイトルになって掲載されています。「秋暮哀愁」も、「憎い縄」というタイトルで掲載されています。このような別ショットは、デジタルデータにして一ヶ所にまとめて整理しておきたいと思うのですが、本を傷めないようにと思うと、こういう角背の写真集はなかなかスキャンできないでいます。

SM妖美写真集 第5集表紙

SM妖美写真集198108-0表紙

日本出版社発行SM妖美写真集1981年8月号(SMクラブ'81秋季増刊号)の表紙。
表紙、裏表紙とも同じ写真ですが、この表紙写真はなかなかそそられます。二の腕の縄の食い込みがなんとも言えません。赤くなった縄の痕もリアルでいいです。トロンとした目と恥ずかしそうな赤い頬を見ていると、この娘は今何を考えているのだろうといった想像がいろいろと湧き上がってきます。写真集の中はSMセレクトに掲載されていたグラビアが掲載されていたりもするようです。全体的にとても良い写真集です。

SM妖美写真集 第4集表紙

SM妖美写真集198102-0表紙

日本出版社発行SM妖美写真集1981年2月号(SMクラブ'81春季増刊号)の表紙。
この表紙のモデルは紛れもなく、東てる美ですね。ただ、中には表紙の写真のグラビアはありませんので、その点は残念です。全体的に着衣と全裸のバランスの良いグラビアが多くて、ぼくの好みとしてはけっこういい点をつけることのできる写真集です。

SM妖美写真集 第3集表紙

SM妖美写真集198008-0表紙

日本出版社発行SM妖美写真集1980年8月号(SMクラブ'80秋季増刊号)の表紙。
この頃けっこういい写真を掲載してくれていた、SMクラブの増刊写真集です。構成は東京三世社の「秘蔵版・SM写真集」と同じく、前半4分の1くらいがカラー、残りがモノクロのグラビアとなっています。表紙のタイトル文字の書体まで同じなのが面白いです。この写真集は当時買ったものですが、第1集、第2集は残念ながら買い逃しています。見てわかる通り、表紙と裏表紙の写真は同じグラビアで、カラーグラビアは「青い愛奴」、モノクログラビアは「蒼白き羞辱」というタイトルで掲載されています。
カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

二代目管理人:コウ

麻縄で後ろ手に縛られた女性に性的興奮を感じ、それを望み感じる女性に惹かれます。そういう女性は大切にしたい宝物。縛られることに焦がれる女性と話をしたり、縛って眺めたり乳首を弄んだりするのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。コウの中にもそういう女性ユキを幼いころから飼っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR