FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しております。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

「誘惑されて縛られて・・・」

SM奇譚197709-2誘惑されて縛られて・・・

SM奇譚1977年9月号の折込カラーグラビア「誘惑されて縛られて・・・」
モデルは美川ヨー子と目次に書いてあります。この写真はとてもぼく好みでぞくぞくしてしまいます。モデルも美形で小さな口に猿轡をかまされて目を閉じた表情がなんともいえません。縛りも胸の斜め縄を除くと二の腕への食い込みなどなかなかしっかりしています。ワンピースも新鮮ですしスカートのめくれ具合とそこからのぞく肉感的な太腿が刺激を誘います。ぼくの中ではハナマルのグラビアです。

「たて縄地獄」

SM奇譚197709-1たて縄地獄

SM奇譚1977年9月号の巻頭カラーグラビア「たて縄地獄」
モデルは泉リコと目次に書いてあります。素朴で普段着っぽい服装での緊縛が逆に味を出しています。ただあまりにも普段着っぽくて下着がパンティしかないのが不自然ではありますがモデルの表情がとてもいいです。

「帰れない・・・」

SM奇譚197710-2帰れない・・・

SM奇譚1977年10月号の折込カラーグラビア「帰れない・・・」
モデルは稲葉マコトと目次に書いてあります。ウエストの太さと下腹部の肌が少し気になりますがこの写真もなかなか良い顔つきのモデルです。

「汚辱の部屋」

SMコレクター197601-2汚辱の部屋

SMコレクター1976年1月号の折込カラーグラビア「汚辱の部屋」
モデルの表情、ムチムチとした太腿がいいですね。ちなみにこのモデルの服はスカートが「賭け贄」 、ブラウスが「濡れた恥辱」との使いまわしですね。場所も衣装もモデルも使いまわしが多かったこの時代、そういう一致点を見つけるのも楽しかったりします。

「人身御供」

SMコレクター197703-3人身御供

SMコレクター1977年3月号の巻末カラーグラビア「人身御供」
着衣緊縛が好きなので選びましたが服のセンスはイマイチでしょうか。太腿の間に入れた手がいやらしい・・・いやうらやましいです。

「和服の犠」

SMコレクター197703-1和服の犠

SMコレクター1977年3月号の巻頭カラーグラビア「和服の犠」
今日はどれをアップしようかと書棚の雑誌を見ていたら昨日の別冊SMファンの「受縄の逢瀬」と同じモデルの写真を見つけました。あごのホクロの位置が一緒なので間違いないのですが髪型が少し違うだけで印象がかわります。

「受縄の逢瀬」

別冊SMファン197609-1受縄の逢瀬

ここで少し違う系統に寄り道。別冊SMファン1976年9月号の巻頭カラーグラビア「受縄の逢瀬」
別冊SMファンもSMセレクトもたくさん持っていて当時は目を輝かせて見た写真なのに今見ると「味」が感じられない写真が多いです。その中でこの写真は当時お世話になった懐かしいもので今もお気に入りです。モデルの縛られる前の品のある顔立ちと緊縛姿のギャップに興奮したものです。ちなみにこの着物、「縄始め」の撮影時のものと同じです。

「避暑地の爪跡」

SMコレクター197310-3避暑地の爪跡

さらに古いところに行ってみます。SMコレクター1973年10月号の巻末カラーグラビア「避暑地の爪跡」
この頃になりますと着物姿の緊縛写真が多いのですがこれはめずらしく水着です。しかもそれほどやぼったくもなく香坂みゆき似っぽいモデルもまぁまぁのレベルです。縛りもシンプルで好きです。

「昼下がりの密戯」

SMコレクター197403-3昼下がりの密戯

SMコレクター1974年3月号の巻末カラーグラビア「昼下がりの密戯」
今まで掲載してきた中では一番古いものになります。SMコレクターの創刊が72年末ですのでこれ以前は初期といっていい頃だと思います。この写真は古い中でもいい写真だと思います。ノーパン着衣で縛り上げ猿轡もかませてスカートをめくったりの悪戯をする。いいですね。

「濡れた呪縄」

SMコレクター197412-3濡れた呪縛

SMコレクター1974年12月号の巻末カラーグラビア「濡れた呪縄」
個人的にはこういうスカートや黒いストッキングは大嫌いです。あわせて胸の縄もゆるくなりそうな斜めの縄がはいっていますし。しかし、その他の写真はなかなか雰囲気があるものが多かったので掲載してみました。右の写真はそういう一枚です。別ショット版は「幽閉の部屋」です。
カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

Author:コウ

SMというより縄好き縛り好き。縛られることに焦がれる女性を縛って、バイブ責めをしたり、乳首やお尻を鞭や蝋燭で痛めつけるのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。
縄以外の拘束系、血を見るような苦痛系、浣腸・スカトロ系は好みではありません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR