FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しております。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いましめ悲歌」 特別版

SM奇譚197906-1いましめ悲歌・特別

SM奇譚1979年6月号の巻頭カラーグラビア「いましめ悲歌」の特別カット。
特別に「いましめ悲歌」のこのページだけを正しい向きにして掲載しました。ぼくはこういう写真好きなんです。

「いましめ悲歌」

SM奇譚197906-1いましめ悲歌

SM奇譚1979年6月号の巻頭カラーグラビア「いましめ悲歌」
真っ赤なフレアスカート姿で縛り上げられている姿にそそられます。少しめくれて太腿とふくらはぎが見えているのもいい構図です。このあと大きくスカートをめくられていたずらされるカットに続きます。右の写真はその中で抵抗できずに男に嬲られている状況になります。このグラビアもモデルの表情といいストーリ性といいなかなかよくできたグラビアです。

「愛しの姦色」

SMコレクター198210-3愛しき姦色

SMコレクター1982年10月号の巻末カラーグラビア「愛しの姦色」
SMコレクターも1982年頃になると他のSM誌と似通ってきて独自の味が消えてしまっていました。そんな中でこれは昔の雰囲気が残っていてモデルの雰囲気もいいなぁと感じたのがこのグラビアでした。それもそのはず、SM奇譚1977年9月号の「たて縄地獄」の別ショット使いまわし版でした。別ショット版はそれまでは似た時期にSMコレクターとSM奇譚で掲載されることがありましたが、5年も経ってからというのはいかにこの時期SMコレクターが活力を失っていたかの証明でもあります。それはそれとしてこのグラビア自体はとてもいい出来のものです。

「つまみ食い」

SM奇譚197705-3つまみ食い

SM奇譚1977年5月号の巻末カラーグラビア「つまみ食い」
モデルはけして美人とはいえませんしぼくの好みでもありません。しかし着衣で縛られているだけで魅力的な写真になるという例として掲載しました。逃げようとする脚でスカートが乱れて太腿があらわになり中が見えそうなところだけでも充分楽しめます。右の写真は後手の位置が高く美しいお尻と相まってとても美しい緊縛後姿になっています。頬を赤らめている表情といい、緊縛写真の魅力はモデルの顔立ちだけでは決まらないということを示してくれる写真の一例です。

「黒い淫ら日」

SMコレクター197609-1黒い淫ら日

SMコレクター1976年9月号の巻頭カラーグラビア「黒い淫ら日」
モデル、服装とも大人っぽい雰囲気がエロティックさを感じさせてくれます。はだけたスカートから見える太腿がとてもセクシーできれいです。撮影同行記によりますとモデルは「昼間はちゃんとした会社にお勤めのナオミ」と書いてあります。別ショット版は「熱い淫ら日」です。

「縛られた人形」

SMコレクター197411-2縛られた人形

SMコレクター1974年11月号の折込カラーグラビア「縛られた人形」
猿轡によってモデルの表情や容姿がより魅力的に映えていると思います。左の写真はパンティは太腿まで下げられているにもかかわらずスカートはめくりあげられていてスリップでなんとか秘部は隠れているという恥ずかしい姿。こういうのはいろんな想像がかきたれられてぼくは好きです。同じように縛られた人形をみて女は何を思うのでしょう。

投票結果発表!Q:SMグラビアへのこだわり部分は?

「SMグラビアへのこだわり部分は?」の投票結果発表!
【投票期間】2006/03/20 ~ 2006/03/26 【投票数】102票
1位:縛り(麻縄、拘束感etc)
   26.5% (27票/26.5%)
      ・縛られることが大好きなものですから・・・(^^;)
      ・全裸で縛られた女は限りなく美しい
      ・ふとももに厳重に縄掛けした写真が最高です
      ・乳房を絞り出すような厳しい縛りが好き。
      ・美しく縛る、もいいですが、きびしく縛り上げる、方が…
      ・麻縄は絶対に欠かせません
2位:モデルの雰囲気(表情、被虐感etc)
   21.6% (22票/21.6%)
      ・他の要素も全て重要。
       しかし現代のSM写真に欠けているものがこれです。
      ・苦痛にゆがむ顔今の緊縛写真にはない
      ・責めや、その予兆に苦悩して、哀れにも美しい表情が最高です
3位:場面想定(ストーリ性etc)
   13.7% (14票/13.7%)
      ・暗い廃屋で女を縛るのが緊縛の魂です
      ・普通の恋愛関係や、人妻のちょっとした浮気、その相手が真性の
       サヂストだった…なんてのがイイですね
4位:モデルの容姿(美人、可愛いetc)
   10.8% (11票/10.8%)
      ・失禁
      ・憂いの表情、非情な猿轡、股縄が3大要素
      ・長い髪・華奢・お嬢様風・女子大生風・若い人妻風など
5位:モデルの肉体(胸、脚、太め細めetc)
   8.8% (9票/8.8%)
      ・剃毛された脇の下がむき出しになっているのが好きです。
       無防備さが被虐感をそそります。
      ・着衣緊縛で、パンティを剥かれた尻肌に前回の調教で受けた鞭あとが
       うっすら刻まれているとか…。
6位:責め(鞭、バイブ、浣腸etc)
   7.8% (8票/7.8%)
      ・鞭も吊りもあぐら縛りもいいですが、やはり浣腸が一番萌えます。
      ・特に浣腸シーン
7位:モデルの服装(洋服、着物、裸etc)
   6.9% (7票/6.9%)
8位:その他(コメント記入)
   2.0% (2票/2.0%)
      ・このブログの写真を見てると「あの日に帰りたい」
      ・見覚えのある美しい緊縛シーンと、かげまるさんのコメントが絶妙で
       いいです。
9位:局部
   1.0% (1票/1.0%)
やっぱり縛りとモデルの雰囲気が上位にきましたね。納得の結果かなと思います。今回はこだわりのコメントをたくさんいただき、とても楽しい投票でした。ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

またくだらないながらも楽しい投票を考えていますのでよろしければご参加下さい。

「妖獣絵巻」

ビニ本198202-0妖獣絵巻

1982年2月神田草艶書林発行のビニ本写真集「妖獣絵巻」です。
右の写真のようなきりっとした顔立ちで肌がきめ細かいのが魅力的なモデルが厳しい緊縛を受けます。表情も無機質ではなくて恥じらいや陶酔が感じられます。ビニ本と言っても局部無修正写真はありませんが張り型を咥えたり入れたりとか放尿(擬似?)のシーンはあります。
今までサン出版の雑誌を中心にご紹介してきましたが、それらと並行してサン出版以外の珍しい写真集もこうして本が傷まない範囲のスキャン画像でご紹介していきたいと思います。
<追記>
SM探偵団の西村さんがこの写真集の全画像を分室の画像うp掲示板でアップしてくださっています。

「受難の往診先」

SMコレクター197509-3受難の往診先

SMコレクター1975年9月号の巻末カラーグラビア「受難の往診先」
残念ながらぼくは白衣は好みから少しはずれてしまうのですが、こういうシチュエーションや服装を好まれる方は多いのではないでしょうか。往診には医師も行くはずで往診先でこういうことがあるというのは医師もグルということでしょう。左の写真はまだ良かったのですが右の写真は色調が黄色がかっていてバックの黒と白衣の白と肌色のバランスを取るのに苦労しました。

「縄の酒宴」

SM奇譚197511-1縄の酒宴

SM奇譚1975年11月号の巻頭カラーグラビア「縄の酒宴」
タイトルページのブルーのスカートにストッキングという緊縛姿はぼくの好みです。スカートや下着をつけているだけで、普通の女性が縛られたという設定から妄想をスタートできます。モデルはスタイルもいいし猿轡での目も魅力的です。それとこのグラビアは後ろからのショットが4枚もあるのも魅力です。ぼくは縛られた女性の手首や二の腕が好きなんです。右の写真のように縛られた後姿でビールをついでくれるなんて最高だと思いません?
カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

Author:コウ

SMというより縄好き縛り好き。縛られることに焦がれる女性を縛って、バイブ責めをしたり、乳首やお尻を鞭や蝋燭で痛めつけるのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。
縄以外の拘束系、血を見るような苦痛系、浣腸・スカトロ系は好みではありません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。