FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しております。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あなた、ごめんなさい」

SMコレクター198105-1あなた、ごめんなさい

SMコレクター1981年5月号の巻頭カラーグラビア「あなた、ごめんなさい」
撮影同行記によりますと、モデルは典型的日本美人の久慈みさとと書いてあります。左の写真は、裾も乱れず足袋もそのままという喪服の緊縛姿が逆にエロティックで情緒があると思います。右の写真は、裸という左の写真とのギャップ、厳しい縛り、なんとも言えない腰からお尻のあたりのラインが魅力的です。
<追記:2006.6.10>
モデルは亜希いずみであるとのご連絡をいただきました。

「淫虐卆業式」

SMコレクター198205-3淫虐卆業式

SMコレクター1982年5月号の巻末カラーグラビア「淫虐卆業式」
丹羽さゆりを続けましょう。新春の次は卒業というわけで季節を感じるグラビアを彩ってくれています。左はこれから縛られるという状況ですが、あらわになった脚を隠すでもなく表情も落ち着いている感じから合意の上の行為を思わせてくれます。右の写真も厳しく胡坐で縛られているものの、丹羽さゆりらしい落ち着いた表情がその行為を受け入れているという淫靡さを感じてしまいます。

「新春淫ら責め」

SMコレクター198201-1新春淫ら責め

SMコレクター1982年1月号の巻頭カラーグラビア「新春淫ら責め」
モデルはこの頃頻繁に雑誌やビデオに出ていた、「陰臭」と同じ丹羽さゆりです。和服が好きな人には楽しんでいただけると思います。右の写真は縛られて股間の筆で書初めをしているカットと迷いましたが、最近のぼくの好みでこちらを選びました。何度も書いていますが、1980年にはいったSMコレクターのグラビアは当初あった味というか雰囲気がなくなってきています。このグラビアはまだその中間的なものだと思いますが、SMコレクターのグラビアを網羅するには1980年代のグラビアも避けて通れないところかなと思っています。

「高校三年生」

SMコレクター198107-1高校三年生

SMコレクター1981年7月号の巻頭カラーグラビア「高校三年生」
真面目な感じのするモデルで、撮影同行記には19歳の秋山ルミ子と書いてあります。左の写真はこれから起こることに少し怯えている感じでしょうか。右の写真は股縄に耐えている表情がいいです。最後には梯子に大股開きで縛られているカットがあるのですが、その格好で局部を責めてみたいと思わせる観念したような表情がたまりません。そのカットはまた機会があれば掲載したいと思います。

「都会の罠」特別版

SMコレクター198107-3都会の罠_2

SMコレクター1981年7月号の巻末カラーグラビア「都会の罠」の特別カット。
「都会の罠」の他の写真を特別に掲載します。見開きなので中央の分割線を消すのに苦労しました。モデルの表情と身体のむっちりさ加減がなんともいえません。

「都会の罠」

SMコレクター198107-3都会の罠

SMコレクター1981年7月号の巻末カラーグラビア「都会の罠」
1981年のSMコレクターにしては70年代の雰囲気が残るグラビアです。ぼくは縛られる前の写真にも魅力を感じますので、左の写真は非常に好みだったりします。スカートから覗く太腿にもドキっとしますが、できればもう少し細い方がいいですね。右の写真は乳房の部分だけを鋏で切り裂かれ、スカートも途中まで降ろされた格好で恥ずかしさに目を伏せるモデルの表情がいいです。

「『そばへ寄らないで』」

SMコレクター197712-3『そばへ寄らないで』

SMコレクター1977年12月号の巻末カラーグラビア「『そばへ寄らないで』」
左の写真のこれから縛られるという着衣のままの不安そうな姿、右の写真の縛られてスカートを捲りあげられて胸を揉まれている姿、どちらも大好きな構図です。この2枚の写真の間にはスカートを太腿まで捲られて後手の縄を男が絞り上げている写真もあります。これでモデルがぼくの好みであり縛りがもっときちんとしていれば最高なのですが。左の写真のタイトルが切れているのはトリムしたのではなく、雑誌の印刷レベルで切れています。

「誘拐」

SMフォト全集197601-1誘拐

SMフォト全集1976年1月号(実話マンスリー増刊号)のカラーグラビア「誘拐」
「誘拐」の別ショット版です。ぼくは黒いストッキングは好みではないのですが、左の写真の黒いストッキングはとてもエロティックに感じておもわず撫でてみたくなります。右の写真はモデルの真っ赤になって恥ずかしそうにしている表情がなんともいえません。(「誘拐」の文字は写真のトリミングの関係上、オリジナルの位置より変更しました。)

「折檻部屋」

SMフォト全集197601-1折檻部屋

SMフォト全集1976年1月号(実話マンスリー増刊号)のカラーグラビア「折檻部屋」
「荒れ家の贄」の別ショット版です。左の写真のような今まさに腕を後ろにねじ上げられ縛られようとするところはけっこう興奮する場面です。右は縄のかかった手首と強く握り締めた手、恥らうような脚の仕草がいいです。

ブログ開設半年

今日5月21日でこの「こだわり緊縛美の世界」を開設してまる半年となりました。カウンターの数値は、カウンターの種類、ページ構成、カウンターの置き方等でまったく違う数値を示しますのでまったく興味ありませんが、時間の流れというものには節目というものを感じてしまいます。次の目標は1年ですが、手持ちのSM写真集や雑誌をまだまだ一部しか紹介しきれていませんので、当面はネタが尽きるという事はないでしょう。これからもボチボチやっていきますのでよろしくお願い致します。
カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

Author:コウ

SMというより縄好き縛り好き。縛られることに焦がれる女性を縛って、バイブ責めをしたり、乳首やお尻を鞭や蝋燭で痛めつけるのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。
縄以外の拘束系、血を見るような苦痛系、浣腸・スカトロ系は好みではありません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。