FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しております。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「荒れ家の犠牲」

SMコレクター197610-1荒れ家の犠牲

SMコレクター1976年10月号の巻頭カラーグラビア「荒れ家の犠牲」
撮影同行記によりますと、モデルは「以前にも撮ったことのある良子」ということですので、他のグラビアでも登場していると思います。現時点ではどのグラビアと同じかは検証していません。このグラビアは、着衣からの脱がせ、胡坐縛り、逆海老、立膝、柱立ち縛りとポーズはいろいろと楽しめます。モデルも表情、身体とも縄がよく似合うと思います、個人的には程よい美しい太腿がとてもいいです。

「処女なぶりの夜」

SM奇譚197806-3処女なぶりの夜

SM奇譚1978年6月号の巻末カラーグラビア「処女なぶりの夜」
このグラビアは、構図、モデルとも気に入っているのですが、縄が綿ロープだったので掲載が遅れてしまいました。左の写真の正座してスカートを捲られて太腿を触られているという構図は、ぼくにとってはたまらないものです。ただ、胸縄が胸中央でクロスさせて戻っているような縛り方はとても残念です。右の写真は、裸に剥かれてこれからいろんな事をされてしまうという諦めの表情が感じられるのがいいです。スカートは、「果てしない玩弄」「悦虐の淫ら花」「恍惚のうめき」などで使われていたものです。

「果てしない玩弄」

SM奇譚197805-1果てしない玩弄

SM奇譚1978年5月号の巻頭カラーグラビア「果てしない玩弄」
久しぶりのスリップ緊縛です。左の写真の右に見えているスカートは、この時期のグラビアでよくモデルが身につけていたものと同じものです。モデルは若いと思うのですが少しおばさんっぽいところがあります。それでも右の写真はけっこういい感じに写っていると思います。脚はすらっとしていながら太腿は肉感的で好きなタイプです。

「餌食」

別冊SMファン198009-1餌食

別冊SMファン1980年9月号の巻頭カラーグラビア「餌食」
このグラビアの写真は、洋装着衣緊縛好みの方、スカート&パンスト好みの方はたまらなくなるのではないでしょうか。ぼくは右の写真がとても好きですね。清楚な感じのモデルと衣装、ブラウスにかかる縄、パンストの脚に巻きついた縄、捲れ上がって太腿まで見えるスカート、すべていいです。

「廃屋に悶える」

SMコレクター197212-1廃屋に悶える

SMコレクター1972年12月号の巻頭カラーグラビア「廃屋に悶える~悦虐に濡れる生贄~」
1972年12月号のSMコレクターというと、わかっていらっしゃる方はわかると思いますが創刊号になります。このグラビアはそのSMコレクター創刊号の記念すべき(?)巻頭グラビアです。このグラビアは撮影同行記にもなっています。それによりますと、モデルは他の雑誌のモデルもしていた小牧洋子というモデルだそうです。このグラビア自体は縄も綿ロープっぽくて緊縛感も乏しいですし、服装や状況設定もぼくの好みとは異なります。右の写真は、そういう中でもモデルの表情と胡坐縛りのきれいな脚に魅力を感じた一枚です。

美少女ハンター表紙

P198304-0美少女ハンター

セルフ出版発行美少女ハンター1983年4月号(コミックセルフ増刊)の表紙。
これも美少女シリーズのA4版写真集です。中の写真はビニ本の写真の流用が多いみたいですが、これで1000円~1500円というのは当時でもお買い得だったと思います。この中では、「手折られ花」東千恵子鈴木ひとみがぼくのお気に入りです。

「夢みる思春期」

別冊SMファン198201-1夢みる思春期

別冊SMファン1982年1月号の巻頭カラーグラビア「夢みる思春期」
どのグラビアを掲載しようかと探していたら、木崎由香里をまた見つけてしまいましたので掲載します。マーク入りのベストとネクタイ、落ち着いたグレーのスカートの制服が品良くていいです。左の写真は、すでにその制服を一部剥がされての緊縛ですが個人的には好みではありません。右の写真はどれを選ぼうかと迷ったのですが、緊縛のないものもたまにはいいかなと思ってこれを選びました。制服のままスカートを捲られてパンツだけ脱がされて開脚で緊縛されている写真もあったのですが、たぶん皆さんはそちらの方がよかったかも知れませんね。(^_^;)

美少女マニア表紙

P198201-0美少女マニア

セルフ出版発行美少女マニア1982年1月号(劇画ブッチャー増刊)の表紙。
今まで紹介してきた美少女シリーズと同じくA4版の写真集です。ご覧のように表紙は木崎由香里であると思われるのですが、本誌のグラビアの8人のモデルの中にははいっていません。この表紙写真はビッグショット4月号の掲載写真のワンカットだと思われます。この写真集には丹羽さゆり高千穂幸子(幸江)として登場しています。

「手折られ花」

別冊SMファン198107-1手折られ花

別冊SMファン1981年7月号の巻頭カラーグラビア「手折られ花」
久しぶりに別冊SMファンからのグラビアです。このモデルも皆さんお馴染みかと思います。私の手持ちの写真集では東千恵子となっていますが、他にもいろいろと名前があったと思います。左の写真は浴衣姿でのきちんとした縛りが美しいですし、腕もよく交差していると思います。右の写真はこのポーズを選びました。美しい脚への縄もきれいですし恥ずかしそうなモデルの顔もいいです。思わず悪戯したくなりますね。

ビッグショット4月号表紙

P198204-0ビッグショット4月号

セルフ出版発行ビッグショット1982年4月号の表紙。
SM探偵団の西村さんから「夕顔咽ぶ涼刻」 のモデルがこの表紙の木崎由香里かも知れないと教えていただきました。たしかに顔つき、体型ともそっくりなのですが、ホクロの位置やヘソの形をどうも一致させることができませんでした。これは時期の関係なのかなと思いますが。SM探偵団にアップされた画像の原本も保有していますので、時間のあるときに調べて同一人物だと確定したいと思います。なお、このビッグショットは月違いを3冊保有していますが、当時はA4版でこういう写真集が活発に発売されていたものです。
カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

Author:コウ

SMというより縄好き縛り好き。縛られることに焦がれる女性を縛って、バイブ責めをしたり、乳首やお尻を鞭や蝋燭で痛めつけるのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。
縄以外の拘束系、血を見るような苦痛系、浣腸・スカトロ系は好みではありません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。