FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載している写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しています。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

秘蔵版SM写真集 第10集表紙

秘蔵版SM写真集198101-0表紙

東京三世社発行秘蔵版SM写真集1981年1月号(小説SMセレクト増刊)の表紙。
これも発売当時に入手したものです。表紙はお馴染み寺山久美、裏表紙もモデルの名前はすぐにはわかりませんが、当時よく目にしたモデルです。この写真集でのお気に入りカラーグラビアは、「淫盗の生贄」、「浮草」。全般的にいい写真集です。

秘蔵版SM写真集 第9集表紙

秘蔵版SM写真集198007-0表紙

東京三世社発行秘蔵版SM写真集1980年7月号(小説SMセレクト増刊)の表紙。
これは発売当時に入手したもので、気に入ったグラビアの多い写真集です。胸を責められたり吊で責められたりしているモデルの表情がとてもいいグラビアが多いと思います。当時に夢中でみていたそういうグラビアを、今あらためて見ると新たな興奮を覚えたりします。

「黒い猿ぐつわ」

SM奇譚198005-1黒い猿ぐつわ

SM奇譚1980年5月号の巻頭カラーグラビア「黒い猿ぐつわ」
タイトルに猿ぐつわとありますが、グラビアの半分しか猿ぐつわは出てきません。それよりも胡坐縛りのポーズの変化が多くて、そちらの方がぼくは興味を持ってしまいます。被せ猿ぐつわは嫌いではないのですが、口への詰め物はして欲しいと思います。

秘蔵版SM写真集 第8集表紙

秘蔵版SM写真集198001-0表紙

東京三世社発行秘蔵版SM写真集1980年1月号(小説SMセレクト増刊)の表紙。
第7集はぼくの好みではない部分が多かったのですが、この第8集はまた好みのグラビアが多いものでした。特に裏表紙のグラビアはモデルの表情、スタイル、かわいい胸がとても良かったです。

「地下蔵の仕置き」

SMコレクター197808-3地下蔵の仕置き

SMコレクター1978年8月号の巻末カラーグラビア「地下蔵の仕置き」
撮影同行記によりますと、モデルは「絣の着物が似合う真由美」となっています。時代物の責めの場面という想定です。石抱きの石は舞台の芝居で使うハリボテの石だと、撮影同行記ではバラしています。左はこれから責めをうけようとする前のもうどうしようもないといった感じ、右はもうやめて下さいと責めに耐える雰囲気、どちらも味があっていいグラビアだと思います。

秘蔵版SM写真集 第7集表紙

秘蔵版SM写真集197907-0表紙

東京三世社発行秘蔵版SM写真集1979年7月号(小説SMセレクト増刊)の表紙。
この号は当時の入手です。残念ながらカラーグラビアの何ページかがまとめて背から外れてしまっています。結果的にスキャンはしやすい状態なのですが、それまでの写真集とグラビアの雰囲気が少し変わってきている(モデルの表情が乏しい)ような気がして、あまり気に入った写真はありません。表表紙、裏表紙の写真を見てもそのニュアンスがわかっていただけるのではないかと思いますが、いかがでしょう?

「家庭教師」

SMアブハンター197505-2家庭教師

SMアブハンター1975年5月号の巻中カラーグラビア「家庭教師」
このグラビアは最初に見たときにはドキッとしました。女子大生の家庭教師という想定で、まず左のページの、眼鏡でドキッ、ミニスカート姿の正座でドキッという感じです。白くてきめ細かい肌もいいです。眼鏡のデザインが野暮ったいですが、それが真面目そうでよかったりします。胸縄の方斜めがけはぼくは好きではないので、単純に上下の縄にしてほしかったです。右の写真は全裸もあったのですが、眼鏡をかけたままのはこの写真だけでしたし、ストッキングを脱がせかけた太腿の柔らかそうな白い肌が気に入ったので、この写真を掲載しました。

秘蔵版緊縛フォト 表紙

秘蔵版緊縛フォト197207-1973-2-0表紙

東京三世社発行秘蔵版緊縛フォト1972年7月号と1973年2月号(小説SMセレクト増刊)の表紙。
これは、小説SMセレクト増刊の写真集が、今ご紹介しているタイプになる前のものです。このタイプはこの2冊しか持っていませんが、なかなか興味深い作りとなっています。カラーグラビアは写真だけではなく、ストーリがしっかりと書いてあります。特に左のはかなり小さい活字で詳しいストーリとなっています。写真はさすがに70年前半らしく、モデルもケバいですし服装もちょっと時代を感じすぎます。

カテゴリの命名規則

カテゴリの命名規則を見直しました。

<見直し内容>
  雑誌名だけではなく、頭に画像の種類を付加。


見直し内容に沿って、本ブログは下記の通りカテゴリ名を付与しています。

<カテゴリ名>
  種類:雑誌名

<「種類」の記号>
  Gr:グラビア写真 (写真は、左:タイトルページ、右:選抜ページ)
  Cv:表紙の写真 (写真は、左:表紙、右:裏表紙)
  Mx:表紙とグラビアの写真 (写真は、左:表紙、右:選抜画像)
  Rt:加工画像 (写真は、左:加工前、右:加工後)

「鞭に舞う女」

SMコレクター197904-2鞭に舞う女

SMコレクター1979年4月号の折込カラーグラビア「鞭に舞う女」
「鞭に踊る若鮎」のコメントでもご指摘いただいたように、このグラビアは「鞭に踊る若鮎」の別ショット版です。普通なら別カット版でもタイトルはけっこう変えてあることが多いのですが、これはタイトルも内容もまったく同じテーマのグラビアとなっています。「鞭に踊る若鮎」ではわかりにくかったモデルの雰囲気が一番左の写真でわかると思います。
カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

二代目管理人:コウ

麻縄で後ろ手に縛られた女性に性的興奮を感じ、それを望み感じる女性に惹かれます。そういう女性は大切にしたい宝物。縛られることに焦がれる女性と話をしたり、縛って眺めたり乳首を弄んだりするのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。コウの中にもそういう女性ユキを幼いころから飼っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR