FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しております。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

「秘密」

別冊SMファン198004-1秘密

別冊SMファン1980年4月号の巻頭カラーグラビア「秘密」
学生っぽさが良く出ている雰囲気のモデルです。裏表紙には縄の前で足を流して座っているミニスカート姿の普通の写真が掲載されているのですが、そういう写真を見てから中の縛られた写真を見るとよけいに興奮したものです。脚がすらりと細くて長くてミニスカートがよく似合います。もちろん縄もよく似合います。着衣が好きなので裸の写真じゃなくてすいません。

WANTED! グラビア「黄八丈散華」の掲載誌情報

いろいろと情報を集めて切り取ったグラビアの整理をしているのですが、なかなか入手できない情報がいくつかあります。できましたら皆様より情報をいただければと思います。
よろしくお願い致します。

グラビア「黄八丈散華」の掲載誌、および併載されているグラビアを教えていただけないでしょうか。

黄八丈(黄色を主色とした格子縞)の着物を着た女性が野外(墓地)で縛られているグラビアです。たぶん1970年後半くらいの時期の別冊SMファンだと思うのですが定かではありません。

正確な情報をお持ちの方、よろしくお願い致します。m(__)m

<追記:2006.12.27>
グラビアは保有していますので、出展雑誌が明確になれば掲載させていただきます。ぜひご協力お願いします。

「夢追い詩」

SMクラブ198204-3夢追い詩

SMクラブ1982年4月号の巻中カラーグラビア「夢追い詩」
かわいいモデルでお気に入りのひとつのグラビアです。右の写真は、スリップ姿で縛られて畳の上に横になっている写真と縛られて立っている後姿の写真と大いに迷いました。最終的には、後手が見えていること、太腿がまぶしいこと、こういう姿で犬や猫のように食事をしようとしているかわいらしさに惹かれてこの写真にしました。こういう娘がそばにいたら楽しいでしょうね。

「怨み縄」

SMクラブ198206-3怨み縄

SMクラブ1982年6月号の巻中カラーグラビア「怨み縄」
色が白くてきめ細かい肌が魅力のモデルです。縛る縄は少ないですが、美しい体に食い込む縄は美しいものです。自由を奪われた女性が男に嬲られる時の切なそうな表情がたまりません。右の写真の胸縄が胴体と腕で別々になっているのが惜しいところです。

「密通の果て」

SMアブハンター197409-2密通の果て

SMアブハンター1974年9月号の巻中カラーグラビア「密通の果て」
密通ということばは現在はあまり使いませんが、秘密に人の夫、あるいは人妻と通じるという感じが出ていやらしさを感じます。最近の不倫と言うさらりと言える言葉とは重みが違いますね。こういうシチュエーションでの緊縛写真というのはリアル感が出てなかなかいいと思います。こうして男女が縛られている姿を見ると、いかに女性の体には縄が似合うか、緊縛姿が似合うかがあらためてよくわかります。自分がこういう時の男の立場だったら・・・、それはそれでけっこう興奮するかも。

ご無沙汰しております

皆様、お久しぶりです。かげまるです。

女性を縛っているときに、興奮しすぎてかげまるはあっちの世界にポックリ逝ってしまったのではないかとお思いの方も、中にはいらっしゃるかもしれません。それはそれで本望だったりもするのですが、残念ながら最近は表稼業が忙しくて、なかなかこちらもそちらも手が回らないというのが実情だったりします。

せっかく来て下さっているのに大変申し訳ありません。たまに思い出したように更新するかも知れませんが、今しばらくは放置プレイをお楽しみいただければと思います。
カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

Author:コウ

SMというより縄好き縛り好き。縛られることに焦がれる女性を縛って、バイブ責めをしたり、乳首やお尻を鞭や蝋燭で痛めつけるのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。
縄以外の拘束系、血を見るような苦痛系、浣腸・スカトロ系は好みではありません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR