FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しております。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

「淫美な地下室」

SMコレクター197410-2淫美な地下室

SMコレクター1974年10月号の折込カラーグラビア「淫美な地下室」
このモデルはどこかで見たことが絶対にあるモデルです。このグラビアはSMコレクターではよく出てくる鋏モノです。着衣緊縛好きなぼくは、切り刻まれる前の赤いスカート姿も見てみたいと思ったりします。右の写真はポッチャリボディがよくわかりますが、全体的に食い込みが感じられない縄の中で股間の食い込みはまぁまぁかなと思います。太腿を締め付ける縄はけっこう気持ちがよい縄なので、もっと太腿に食い込ませて縄の本数も増やした方がいいと思いますね。

「マゾ姉妹」

SMコレクター197410-1マゾ姉妹

SMコレクター1974年10月号の巻頭カラーグラビア「マゾ姉妹」
印刷されたタイトルは「マゾ姉妹」ですが、目次や撮影同行記では「まぞ姉妹」となっています。ぼくはカタカナの方がマゾっぽく感じます。連縛は魅力的なのですがグラビアでは珍しいと思います。モデルは「六本木でゴーゴーを踊っているミカちゃんとその友達のユーコちゃん」と書いてあります。左の写真は黒のスリップとストッキング、こぼれる片方の乳房がいやらしいです。表情もいいです。右の写真は、手首を縛った縄が首から股を通って柱に留められているという、見ているだけで楽しくなるような縄です。

「湿った罠」

SMコレクター197409-3湿った罠

SMコレクター1974年9月号の巻末カラーグラビア「湿った罠」
このグラビアもいいですね。左の写真は着物姿のまま縛られてこれから起きることに観念と不安が入り混じる雰囲気、右の写真は胸と太腿をさらけ出されて恥ずかしがる雰囲気が伝わってきます。着物からこのように見える太腿は最高に萌えてしまいます。裸にされた写真も雰囲気はいいのですが、縄がちょっと雑で少し緩い感じがするのが残念です。

「囚われの地下室」

SMコレクター197409-1囚われの地下室

SMコレクター1974年9月号の巻頭カラーグラビア「囚われの地下室」
これもなかなかいい部類にはいるグラビアだと思います。左のタイトルショットも着衣であるのがいいと思いますし、右の写真も正統なポーズと縛りに加えて縄猿轡の表情がいいです。撮影同行記によりますとモデルは小川ルミと書いてあります。「竹」と同じモデルと思うのですがいかがでしょう。

「濡れた宴」

SMコレクター197802-1濡れた宴

SMコレクター1978年2月号の巻頭カラーグラビア「濡れた宴」
後手縛りでないのが残念ですが、左の写真のスカートとそれから見える脚がぼくはたまりません。こういう姿で縛りスカートをめくったりいじったりがいいですね。右の写真も左同様後手縛りではないのですが、縛られて抵抗できない女性を羽とか筆とか自分の舌とかで全身を愛撫するのが好きなのです。モデルは撮影同行記によりますと、「旦那が交通事故で亡くなって子供二人を育てるためにお金が欲しくてモデルに来た未亡人のさち子」と書いてありますが、真偽の程は定かではありません。定かではありませんが少し萌える設定です。

「お灸責め」

SMコレクター197804-3お灸責め

SMコレクター1978年4月号の巻末カラーグラビア「お灸責め」
このグラビアは、「背徳の午后」の別ショット版です。タイトルが「お灸責め」なので、左の写真のポーズで胸や太腿にお灸をされている写真もありますが、あえてお灸の写真は掲載せずにシンプルで表情のいい右の写真を掲載写真に選びました。顔は少しケバイ系ですが、身体は縄が似合うモデルだと思います。

「羞縄花」

SMクラブ198012-1羞縄花

SMクラブ1980年12月号の巻頭カラーグラビア「羞縄花」
普通っぽい服装での緊縛がなかなかいいです。室内にしては珍しくヒールを履いて縛られているのも新鮮な感じがします。モデルもスタイルはいいのですが、顔がぼく好みではないのがちょっと残念です。

「軋轢」

別冊SMファン198501-1軋轢

別冊SMファン1985年1月号の巻頭カラーグラビア「軋轢」
今年第二弾も着物でいきましょう。浣腸シーンも2ページありましたが、今回も着衣を重点に選んでみました。右の写真の雰囲気が好きですねぇ。

「落花無惨」

あけましておめでとうございます。本年も手持ちのSM雑誌と写真集を整理しながら少しずつ掲載していきたいと思います。よろしくお願い致します。

別冊SMファン198112-1落花無惨

別冊SMファン1981年12月号の巻頭カラーグラビア「落花無惨」
正月ということでとりあえず和服から開始します。このモデルも他で見かけたような感じがしますが、着物が良く似合う日本的な雰囲気を持ち合わせています。着物を着ている女性は自分の身を何枚もの布で守っているような堅さを感じますが、そういう女性を縛り上げて乱れる姿を見るのもいいものです。右の写真はぼくの好きな縛られている後手と二の腕が見えているものにしました。腰からお尻辺りの女性特有のラインもそそられます。
カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

Author:コウ

SMというより縄好き縛り好き。縛られることに焦がれる女性を縛って、バイブ責めをしたり、乳首やお尻を鞭や蝋燭で痛めつけるのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。
縄以外の拘束系、血を見るような苦痛系、浣腸・スカトロ系は好みではありません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QR