FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しております。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「呪縛の家」

SMコレクター197310-2呪縛の家

SMコレクター1973年10月号の折込カラーグラビア「呪縛の家」
左の写真のポーズは最近ぼくが好きなポーズです。特に脚のきれいな女性がこの格好をしているとぐっときます。膝から足の甲にかけての美しさに痺れます。もちろん、縛られているという前提があってのことです。右の写真は、お尻の下から太腿の裏側あたりが鳥肌っぽくなっているのが惜しいですが、表情、手首、股縄、二の腕、恥ずかしそうに摺り寄せている脚とけっこうはまるツボがあります。

「黒髪無残」

SMコレクター197309-2黒髪無残

SMコレクター1973年9月号の折込カラーグラビア「黒髪無残」
すらりとした肌のきれいなモデルです。左の写真のポーズは普通っぽく見えますが、実際には身体が柔らかくないときれいに決まらないと思います。右の写真はぼくの好きな定番、お尻を突き出しての後手後姿です。鞭は好きではありませんが、突き出たお尻をこの程度刺激するくらいのものであれば痛々しく見えずに被虐感が高まっていいと思います。

「人妻の淫夢」

SMコレクター197310-1人妻の淫夢

SMコレクター1973年10月号の巻頭カラーグラビア「人妻の淫夢」
撮影同行記によりますと、モデルは増尾久子というお尻が魅力的なモデルです。後手も高く上に上がっていますので、縛られた後姿がとても美しく感じます。床にきゅうりが落ちていますが、これをそのままあそこに・・・というのはさすがに無理があるでしょうね。

「めす犬の紋章」

SMコレクター197407-1めす犬の紋章

SMコレクター1974年7月号の巻頭カラーグラビア「めす犬の紋章」
このグラビアはポーズに変化があり、しかもそれぞれが良質な写真となっていて見ごたえのあるグラビアだと思います。モデルも仕事ができる知性的な女性という雰囲気を出しており、嗜虐心を擽るシチュエーションが出来上がっていると思います。ただ、後ろは長いのに正面から見るとショートカットっぽく見えてしまう髪型がちょっと違和感を感じてしまいます。

「夏祭りの夜」

SMコレクター197408-3夏祭りの夜

SMコレクター1974年8月号の巻末カラーグラビア「夏祭りの夜」
夏祭りの夜に気に入った女性を連れ込んでこういうことをしていた男もいるのでしょうか。浴衣姿だけでも色っぽいのにその姿をさらに縛り上げるとさらに魅力が増します。このグラビアのモデルはまさにそういう状況にピッタリの色っぽい女性です。

「濡れた放課後」

SMコレクター197408-1濡れた放課後

SMコレクター1974年8月号の巻頭カラーグラビア「濡れた放課後」
学生のシチュエーションにしては大人っぽくて色っぽいモデルです。名前は撮影同行記では早川レナと記述されています。表情、特に目と口がいいですね。身体も太腿が触り応えありそうなムチムチタイプで好みです。服装はテニスウェアっぽいのですが切り刻まれてよくわからなくなっています。

「悦虐夫人」

SMコレクター197504-1悦虐夫人

SMコレクター1975年4月号の巻頭カラーグラビア「悦虐夫人」
化粧の濃い水商売風の「夫人」ですが、この時代のグラビアにはぴったりのモデルかも知れません。かなり肉感的な身体で縄の食い込みが似合うと思います。左の写真は黒い下着と黒いストッキング(好きではないのですが)が色っぽさを感じます。右の写真はきれいに後手が決まっており、二の腕の縄の食い込みと突き出たお尻がとても刺激的です。眉をひそめて口を半開きにした表情も被虐感が漂っています。

(本記事から拡大画像スキャン時のモアレ除去フィルターの品質を少し向上させています。)

「泣き柱」

SMコレクター198002-1泣き柱

SMコレクター1980年2月号の巻頭カラーグラビア「泣き柱」
撮影同行記によりますとモデルはニッキー。もちろん、芸名と書かれています。左の写真は服装、ポーズ、縛りともぼくの好み。あらわになった太腿が色っぽいです。この2月号は吊り責めフォト特集ということですべてのグラビアが吊りとなっていますので、右の写真は吊りの写真を選んで掲載しました。ただし吊りは、責めという目では非常に魅力的ではあるのですが、緊縛美という目ではあまりきれいに感じない部分があります。

「凌辱のラケット」

小説SMセレクト197712-1凌辱のラケット

小説SMセレクト1977年12月号の巻頭カラーグラビア「凌辱のラケット」
モデルは広瀬ユミ。撮影日誌には妖艶な色香をさり気無い仕草の中に漂わせている人妻と紹介されています。このモデルはスタイルが良く顔も好みで、若い頃から好きだったモデルです。掲載済みの「あなる堕天使」の別ショットバージョンですし、他にも「秘蔵版・SM写真集」や「緊縛浪漫」にも同じものや別ショットが掲載されています。左の写真もテニスウェアの着衣でなかなか良いのですが、右の写真も顔が真正面からはっきりとわかってその魅力がよく出ている魅力的な写真です。
カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

Author:コウ

SMというより縄好き縛り好き。縛られることに焦がれる女性を縛って、バイブ責めをしたり、乳首やお尻を鞭や蝋燭で痛めつけるのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。
縄以外の拘束系、血を見るような苦痛系、浣腸・スカトロ系は好みではありません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。