FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しております。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「桃色吐息」

SMセレクト198501-1桃色吐息

SMセレクト1985年1月号の巻頭カラーグラビア「桃色吐息」
着衣で女性を縛り上げてスカートの中に手を入れて美しい脚を触る、そういうことが大好きなぼくにとっては左の写真はストライクゾーンです。縛りも脚のよじり方も頬を染めての恥じらいの表情も素敵です。右の写真は脚も含めた厳しい縛りが被虐感を高めてくれます。足首と太腿をこうしてぎゅっと縛り上げられると下半身の血が熱くなるような気持ちよさを感じるんですよね、縄好きの女性は。モデルは、「撮影同行記」には神津恵子と書かれています。

「忘れた頃に更新」 が続きます。

忙しくて区切りが見えない仕事に追われる情勢が続くと、なかなか更新も安定しません。
まだまだ掲載したいグラビアは山ほどあるのですが・・・・・

この最悪の経済状況が好転し余裕が持てるまで気長に待ちたいと思います。
それまでは、「忘れた頃に更新」が続くと思いますのでご容赦願います。

ちなみにこんな状態でも、SMアクセスランキングでは4位(10/23現在)にランクしていただいています。
ありがとうございます。


「快美ないたぶり」

SM奇譚198008-1快美ないたぶり

SM奇譚1980年8月号の巻頭カラーグラビア「快美ないたぶり」
やはり女性を縛ってからの醍醐味は、身体をいたぶることです。女性をいたぶる時には縛らないと燃えないというほうが正しいかも知れません。左の写真は立ち縛りで衣服を剥いでいくというぼくの好きなシチュエーションですが、できれば下着は着けていてほしいと思います。このグラビアのモデルは好みではありませんが、全体的に表情はいいと思います。
カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

Author:コウ

SMというより縄好き縛り好き。縛られることに焦がれる女性を縛って、バイブ責めをしたり、乳首やお尻を鞭や蝋燭で痛めつけるのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。
縄以外の拘束系、血を見るような苦痛系、浣腸・スカトロ系は好みではありません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。