FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しております。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

「鞭」

SMコレクター197704-2鞭

SMコレクター1977年4月号の折込カラーグラビア「鞭」
縛り上げた女性のお尻を出して手のひらで叩いたり鞭で叩いたりするのは楽しいものです。痛みに対する拒否の悲鳴だけではなく、もっと叩いて下さいというようなニュアンスが感じられる悲鳴であれば最高です。この写真は、突き出たお尻が鞭を欲しているようないやらしさを感じますし、女性の目を閉じて陶酔しているような表情もとてもいいです。

SM奇譚1976年9月号 表紙

SM奇譚197609-0表紙

サン出版発行SM奇譚1976年9月号の表紙。
この号の表紙のモデルは山下まゆみ(山下由美子)です。下着姿で片方の乳房をあらわにさせられ、両手は後手に縛られ、両足は椅子の脚に広げて縛られて股を完全に閉じることができない。どういう気持ちで縛られているのかを考えるだけでゾクゾクしてきます。ぼくは縛られて虐められて感じてしまう女性に興味があるのでそんなふうに思ってしまいます。この号のカラーグラビアは、「折檻部屋」(山下まゆみ)、「捕われたいけにえ」(沢けい子)、「肉玩具」(小泉エマ)です。「捕われたいけにえ」「借金の形」の別ショット版になります。

「おののき」

SMコレクター197705-3おののき

SMコレクター1977年5月号の巻末カラーグラビア「おののき」
ちょっと美人とは言い難いモデルですが、「おののき」という雰囲気はとてもよく出ています。しかも裸で縛られるほどに可愛らしく感じてしまうから不思議です。ぼくは根っから縛られて慄いている女性が好きなんだと思います。右の写真のむっちりした太腿は本当に掴んでみたくなるほどいいですね。

SM奇譚1976年8月号 表紙

SM奇譚197608-0表紙

サン出版発行SM奇譚1976年8月号の表紙。
破かれたスリップという姿でとても色っぽい構図です。モデルの表情も雰囲気が出ていて良いです。谷ナオミのようにも見えますがどうなんでしょう。この号のカラーグラビアは、「淫らなしごき」(あおい良)、「縄に悶えた夜」(原いづみ)、「熟れた獲物」(堤じゅん)です。

「『あっあっ熱つぅ・・・』」

SMコレクター197706-1『あっあっ熱つぅ・・・』

SMコレクター1977年6月号の巻頭カラーグラビア「『あっあっ熱つぅ・・・』」
体中に煙草の火を押し付けられるという設定から、このタイトルになっています。右の写真は縛られた手首が高く上に上がっているのがいいです。モデルの身体には数多くの煙草の火を押し付けられた痕がありますが、もちろん本物ではなく押し付けられている煙草にも火がついているわけではありません。撮影同行記にも「演技だよ、演技ッ!」と書かれています。左の着衣で縛られた構図もいいのですが、スカートから脚が見えていないのが残念です。モデルは大滝京子と紹介されています。なお、右の写真のオリジナルは秘部にヘンなぼかしが入っていますが、掲載写真は違和感ないように消してあります。

「『そんな恥ずかしいことを・・・』」

SMコレクター197705-1『そんな恥ずかしいことを・・・』

SMコレクター1977年5月号の巻頭カラーグラビア「『そんな恥ずかしいことを・・・』」
このグラビアも素敵なグラビアです。モデルの奥様風の顔、スレンダーな身体がとてもいやらしくていいです。特に右の写真の猿ぐつわをかまされた顔は嗜虐性をくすぐられます。モデルは撮影同行記には若奥様風のルミちゃんと紹介されています。
カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

Author:コウ

SMというより縄好き縛り好き。縛られることに焦がれる女性を縛って、バイブ責めをしたり、乳首やお尻を鞭や蝋燭で痛めつけるのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。
縄以外の拘束系、血を見るような苦痛系、浣腸・スカトロ系は好みではありません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR