FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しております。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「濡れた鼻」

SMコレクター197808-2濡れた鼻

SMコレクター1978年8月号の折込カラーグラビア「濡れた鼻」
天狗の面の男に縛られて責められるというのは、この頃のSMグラビアにはよくあったパターンです。鼻の形が責め具となるために使っていたのだと思いますが、今冷静に見るとちょっと滑稽な感じがしないでもありません。それはさておき、SMグラビアとしては、縄もしっかりとくい込んでいますし責められている表情もなかなかいいと思います。

「濡れた撮影会」

SMコレクター197807-2濡れた撮影会

SMコレクター1978年7月号の折込カラーグラビア「濡れた撮影会」
このグラビアはシチュエーションもモデルもぼくの好みです。モデルは顔も身体も縄が似合いそうで表情も虐めたくなるような色気を感じます。欲を言えば、胸縄は身体だけではなく二の腕も合わせて拘束感強く縛りあげてほしかったなと思います。この縛り方は手首を縛る前に胸縄をかけないといけないので、縛る過程を想像すると間が抜けた感じがするのです。女性を縛るときはまずは手首を背中で縛ることから始まるというのがぼくの考えです。

「避暑地の罠」

SMコレクター197807-3避暑地の罠

SMコレクター1978年7月号の巻末カラーグラビア「避暑地の罠」
左の写真の衣装はぼくの好みではないです。やっぱりスカートでなければ萌えません。縄のかけ方も乱雑で美しくなく、拘束感も乏しい感じがします。右の写真の縛りはしっかりとしていていいですし、股縄で女性を虐めるのも個人的には大好きです。モデルの表情もいいと思います。

ユキちゃんの告白(その4・もっときつく・・・)

ユキちゃんの告白最終回です。
ユキちゃんは好きな人に自分の変態的な性癖をカミングアウトしたのですが、実はユキちゃんの好きな人は縛るということに対してはまったくの初心者で、写真のような簡単で緩めの縛りしかできません。ユキちゃんは脚も含めて体中をきつく縛られたいという願いを持っているのですが、それはまだ実現されていないのです。かげまるがユキちゃんを縛ることができれば、恥ずかしい姿できつく身動きできないように縛って虐めてあげることができるのですが、ぼくはユキちゃんを縛ることができないのがもどかしいところです。ぼくがユキちゃんの好きな人に縛り方を教えるかわりにユキちゃんの縛られた写真を撮ってもらっているのですが、早く縛ることが上手になって、身体中縄できつく縛られたユキちゃんの写真を見ることができればと願うかげまるなのです。そういう写真が入手できれば、またユキちゃんの写真を掲載したいと思います。

「羞恥の宴」

SMコレクター197804-2羞恥の宴

SMコレクター1978年4月号の折込カラーグラビア「羞恥の宴」
女性を後ろ手に縛り上げて乳首をつねったりひねったりするのが大好きなので、左の写真のような状況の女性の堪えたり悶えたりしているような表情は興奮します。股間にもバイブを突っ込みたくなりますね。このグラビアも麻縄だったらいいのですけどね。

ユキちゃんの告白(その3・自縛)

幼い頃から縄で後ろ手に縛られるということに憧れていたユキちゃん。自縛ということもいろいろとやってみたそうです。最初の頃はホームセンターで買ってきた綿ロープで脚を縛ったり胸を縛ったりしていたそうで、家に誰もいない時に素っ裸になって自分の身体にロープを巻き付けるだけで異常な興奮を覚えたそうです。でもすぐに、後ろ手に縛られたいという思いが強くなり、胸を縛ったロープの背中側に輪っかを作ってそこに手首を入れて締め上げるとかいろいろと工夫をしてみたそうですが、最終的には自分で緩めることができないとダメなので、ユキちゃんの望んでいた「後ろ手に厳しく縛り上げられて自分の力では絶対に逃げられない」という縛りは実現できるはずもなく、ユキちゃんは自縛に対して物足りなさと限界を感じていきました。

「花盗人」

SMコレクター197804-1花盗人

SMコレクター1978年4月号の巻頭カラーグラビア「花盗人」
このグラビアのモデルは若くて新鮮な感じがしてぼくの好みです。撮影同行記ではマコちゃんと書かれています。表情もわざとらしくなくとてもいい表情をしています。撮影同行記には着衣で縛られている写真もありますが、カラーグラビアでも剥ぎ取る前の着衣で縛られた写真を1枚でいいので掲載してほしかったと思います。右の写真の胡坐縛りもぼくの好みです。このポーズで下着を切り取って指やバイブで責めるのが大好きです。ただ、毎回同じことを書いていますが、麻縄を使ってほしかったと思います。

ユキちゃんの告白(その2・幼い頃のときめき)

ユキちゃんは、幼い頃からドラマなどで女性が縛られているシーンを見ると顔が火照って心臓がドキドキしたそうです。私もあんな風に縛られたいと思ったものの、幼いながらもそれは人に言ってはいけないように思えてずっと自分の胸の中に秘めてきたそうです。ようやく願い叶い、好きな人に好きな衣装で初めて縛ってもらうことができてとても幸せだと話してくれました。脚フェチのかげまる的にはユキちゃんの縛られた脚を見てみたいです。

「デブ女」

SMコレクター197803-2デブ女

SMコレクター1978年3月号の折込カラーグラビア「デブ女」
ひとそれぞれ好みはあるとは思いますが、かげまるはこういうタイプの女性はちょっと苦手ですのでコメントは控えさせていただきます。申し訳ありません。

ユキちゃんの告白(その1・カミングアウト)

かげまるとユキちゃんはかなり古くからの知り合いですが、ユキちゃんには物心ついた頃から感じていた複雑な性癖があって、その体験への憧れと変態だという自己嫌悪でずっと悩んできました。その性癖を心の中に秘めたまま生きていくことに耐え切れなくて、ユキちゃんは最近好きな人にその性癖をカミングアウトしました。軽蔑されて嫌われると思っていたユキちゃんは、好きな人が意外にもそれを受け入れてくれて一緒に楽しんでくれたことがとても嬉しかったそうです。

カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

Author:コウ

SMというより縄好き縛り好き。縛られることに焦がれる女性を縛って、バイブ責めをしたり、乳首やお尻を鞭や蝋燭で痛めつけるのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。
縄以外の拘束系、血を見るような苦痛系、浣腸・スカトロ系は好みではありません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。