FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しております。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新停滞

急に忙しくなって更新停滞という状況のまま10月も最終日になってしまいました。ようやく少し落ち着いてきましたので、またぼちぼちと更新を始められるかなと思います。よろしくお願い致します。下の写真はユキちゃんからいただいたものですが、脚フェチのかげまるにとってはなかなかツボだったりします。

「縄に悶えた夜」

SM奇譚197608-2縄に悶えた夜

SM奇譚1976年8月号の折込カラーグラビア「縄に悶えた夜」
女性の側からのストーリ文章が書かれていて、タイトルも写真もなかなか良いグラビアです。いろんな恥ずかしいポーズ4態のグラビアです。その中でもこの2ポーズがぼくは気に入っています。左の写真は、縛られてしまってこれから何をされるのかという戸惑いと期待の複雑な心理が良く出ていると思います。右の写真は、きつく縛られた手首と股縄をかけられて、どんなふうに感じてどんな表情をしているのだろうかという想像を掻き立てさせてくれます。モデルは原いづみと目次に書かれています。

ストーリ(原文のまま)
私は縄目のきびしさに、ふと泣きだしそうになりながら、じっと耐えているのでした。そのくせ、こうして堪えていると私のからだの深い深いところで、別のもうひとりの私がゆっくりと顔を持ち上げてくるのがわかるのです。その、別の私というのは、私の心の奥底に住んでいるマゾなのです。「おい、きょうはどんないい声で唄ってくれるんだ。どんな踊りを見せてくれるんだい。ふン、この、すべため!」彼はぎりぎりと縄をかけた私を思うさまいたずるつもりで、まずそんな言葉をかけてくるのでした。そのあたりからもう私は別の私にすりかわってしまいつつあるのでした。マゾの本性が私のからだを占領しはじめ、めす豚だとか、すべただとか、色きちがいだとか・・・・そのほか、もっと聞くに耐えられないようなひどい言葉があびせられるたびに、私は全身をおののかせて「ああツ!」とか「や、やめて」などと、言いながら、ぬれぬれと感じ始めてゆくのでした。羞かしい・・・・。それは、羞かしいことなのです。そんな言葉に敏感に感じてしまったりすると、すぐあとで、それをまたあからさまにむき出しに見られてしまって、「なんだ、こんなに悦びやがってこのめす豚め!」とか、「へええ、そんなに気分が出るほどうれしいのかい。へへへ。こんな他人に見せられない恰好をしているところへ、おまえの団地の近所の旦那連中をみんな呼んできて、すっかり見せてやろうか!喜ぶぜ!」などと言われると、たとえそれが嘘と判っていても「ヒエーッ」と飛び上がりそうになって、「やめてぇ!それだけは、おねがいですから、やめてくださいッ!」と泣きながら羞恥のからだをくねらせるのです。しかし、彼の言うおどかしの言葉が、たとえ遊びとはわかっていても私には強い刺激なのでした。私の心の奥のマゾ心理は、大勢の男性にこんなどうにもならない死ぬほど羞かしい姿の私をじろじろ眺めまわしてもらいたいのでした。そして、「うへえ。こんなことされて悦んでやがら。少しおかしいんじゃないのかい」「うひゃあ、まるっぱだかだァ。それに手も足も縛られていらあ。ちょっとなぶってやるか!」などと、あらゆるさげすみの言葉を吐きかけて戴きたいのです。私は今夜もそんな願望を秘かに抱いて、彼とのプレーに脂汗を流します。ああ、股縄がいま、私を責めています。

「淫らなしごき」

SM奇譚197608-1淫らなしごき

SM奇譚1976年8月号の巻頭カラーグラビア「淫らなしごき」
この頃のグラビアは一時的に写真の説明文やストーリ文が入っているものが多かったです。この8月号も巻頭と折込グラビアにそういう文章がついています。このグラビアはいろんなポーズでの縛りとなっていて楽しめるのですが、モデルの身体に被虐感が足りないのが残念です。そんな中では左上の写真は胸にかかった麻縄がきれいですし、乳房も鷲掴みしたい衝動が高まる美しい乳房です。脚は開脚やM字よりも胡坐が好きなのでその点でもぼくの好みです。モデルはあおい良と目次に書かれています。

ユキちゃんの願い(その5・お尻を叩いて・・・顔をぶって・・・)

今回から、ユキちゃん自身にユキちゃんの願いや思いを書いていただくことにします。

私は縄で縛られるのが好き。縛られて叩かれるのが好き。身体を縄できつく縛られると私は好きな人に「お尻を叩いて・・・顔をぶって・・・」とおねだりする。好きな人は目をキラリと輝かせて、私のお尻を叩き頬をぶって、その痛さに堪えて苦しんでいる私の表情や姿を見て興奮してくれる。そういう状況に幼い頃から憧れていました。好きな人がそういうことをして楽しんでくれるようになることが今の私の願いです。 (ユキ)

「妖しい夜の告白」

SM奇譚197607-2妖しい夜の告白

SM奇譚1976年7月号の折込iカラーグラビア「妖しい夜の告白」
山下由美子のストーリ性のあるグラビアです。少女の願望の告白が書かれ、写真はその願望を形にしたものですが、その告白そのものがぼくには読んでいて興奮する内容です。ただ、そのストーリ性を追うあまり緊縛写真としては少し物足りなくなっています。加えて、個人的にはこのグラビアで使われているストッキングは色も形もあまり好きではありません。山下由美子、目次には山下まゆみと書かれています。

ユキちゃんの願い(その4・私をあなたの玩具にしてください・・・)

ユキちゃんは縄で身動きできないようにきつく縛られると、何をされてもいいという気持ちになると言います。優しい言葉をかけられるよりも、変態であることを蔑まれ虐められることがユキちゃんをより深く倒錯の世界に追い込むことになるのです。普段は優しい好きな人が自分を縛った時だけは自分を性的玩具として扱って虐めてくれる、それがユキちゃんの願いです。

カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

Author:コウ

SMというより縄好き縛り好き。縛られることに焦がれる女性を縛って、バイブ責めをしたり、乳首やお尻を鞭や蝋燭で痛めつけるのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。
縄以外の拘束系、血を見るような苦痛系、浣腸・スカトロ系は好みではありません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。