FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載している写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しています。問題がある場合はご連絡ください。】
かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縄に焦がれる女性とのお話」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信
皆様へのお願い:本ブログの掲載情報は、管理人が時間をかけて整理した情報のため、個人利用に限定し、転記、再利用等は控えていただきますようお願い致します。

好きな緊縛写真・3

好きな緊縛写真。

好きな緊縛写真・3

自分で撮影する緊縛写真は着衣の場合はミニスカートやワンピース姿で縛られた女性の写真がほとんどですが、大人の女性の色っぽさや背徳感を感じるのは和装だったりします。実際にはなかなか和装の女性を縛って虐めるという機会はありません。洋装はすぐに肌に触れることができますが、和装は肌に近づくのに時間がかかる(推測)というのも萌えるのか萎えるのかどちらなのでしょうか。一度は経験してみたいものです。
(拾い物の写真ですが、掲載に問題あればご連絡いただければ削除いたします)

下記情報をいただきました。
右のモデルは姫山桜桃という全身彫物をした刺青美人とのことです。左は城井桃に似ているような気もしますが確定できていません。

姫山桜桃
好きな緊縛写真・3

「水密桃」

SM奇譚197708-2水密桃

SM奇譚1977年8月号の折込カラーグラビア「水密桃」
ぽっちゃりむっちりということで水蜜桃というタイトルなのでしょうか。ぽっちゃり形の女性を縄を食い込ませて縛るのが萌える人と、スレンダーな体形の女性を美しく縛るのが萌える人がいると思いますが、これは好みですね。右の写真の太腿が美しくてぼくはそこに目が行ってしまいます。モデルは目次に林ペペと書かれています。

「羞恥色に濡れて」

SM奇譚197707-2羞恥色に濡れて

SM奇譚1977年7月号の折込カラーグラビア「羞恥色に濡れて」
タイトル通り、縛られてスカートを捲られ下着を脱がされる羞恥の写真となっています。女性にとっては裸で縛られるよりも着衣で縛られて徐々に脱がされていく方が恥ずかしいと思いますし、虐めて責める男の側からもとても興奮する行為です。そのシチュエーションに加え、女性の顔立ちと表情もいいですし、縛りもしっかりしていますし、太腿も色っぽいですし、ぼくの好きなグラビアです。モデルは目次に三条魔紀と書かれています。

「遠いお囃子」

SM奇譚197707-1遠いお囃子

SM奇譚1977年7月号の巻頭カラーグラビア「遠いお囃子」
お祭りの夜にいやらしい男に捕まって弄ばれるというシチュエーションでしょうか。それにしては女性は怯えているというより落ち着いているような感じです。縄は綿ロープなのが惜しいですね。麻縄と比べて綿ロープはどうしても緩く見えてしまいます。女性にとっても麻縄のほうが気持ち良いと思います。左の写真と右の写真との対比であらためて、女性が裸で縄で縛られるというのはどんな心理なのかということを考えてしまいました。モデルは目次に滝川亜美と書かれています。「誘拐」と同じモデルと思われます。

「縄のフィアンセ」

SM奇譚197706-2縄のフィアンセ

SM奇譚1977年6月号の折込カラーグラビア「縄のフィアンセ」
左のタイトルページは、モデルの顔も見えずお尻をさらけ出したポーズで意表を突いています。今まさにお尻を責められようとしているリアルな状況をよく表現できていて、一緒にこのお尻を責めてみたくなります。右の写真は、定番シチュエーションですが、脚の縛り方はこの形にするならば脚は持ち上げて胸のほうに寄せて固定してほしいし、持ち上げないならば大の字のほうがぼくは好きです。モデルは目次にヘンリーユキと書かれています。

「虚しい叫び」

SM奇譚197706-1虚しい叫び

SM奇譚1977年6月号の巻頭カラーグラビア「虚しい叫び」
左の写真は、これから縛られようとしている表情やしぐさがとてもいいですね。裸で縛られて虐められるようなことには無縁の雰囲気と右の写真の素っ裸で縛られた恥ずかしい姿とのギャップにとても興奮します。猿轡をかまされた表情もいいですし、身体も縄の似合うとてもいい身体をしています。モデルは目次に岡田マヤと書かれています。

「柱」

SM奇譚197704-2柱

SM奇譚1977年4月号の折込カラーグラビア「柱」
家にこういう柱があるのは夢でしたが、田舎の古い家ならともかく最近の家に普通にこんな柱を求めるのは難しいことです。このグラビアは、ミニスカートが好きなぼくが若い頃によくおかずにしたグラビアです。特に中央の衣服の乱れていない写真は、普通の女の子が縛られているということで日常と非日常が同居しており、今でも興奮してしまいます。ただ、今のぼくの嗜好では、パンストとハイヒールがあればさらに興奮するのにと思ってしまいます。モデルは目次に南マキ子と書かれています。

「あぶプレーの夜」

SM奇譚197703-2あぶプレーの夜

SM奇譚1977年3月号の折込カラーグラビア「あぶプレーの夜」
モデルは目次に鈴村由加と書かれています。奥様風のスタイルの良いモデルで責め心に火がつきます。右の写真の乳房を触る手がいやらしく、乳首をつまんでひねりあげたくなります。ストーリはまるでぼくが、縛られて虐められることを望んでいるマゾ女性とプレイをしている状況によく似ています。ただ、こんな芝居じみた会話はお互いにしないですけどね。ストーリー含めてなかなか良いグラビアだと思います。

ストーリ(原文のまま)
「さあ。マミ!これからおまえのいちばん悦ぶことをしてやるぞ!」
 彼にそんなことを言われると、私はもうそれだけで身体中が熱くなってふるえてくるのでした。
「いやよう!もうかんにんしてちょうだいッ!厭よう!」
 私はぞくぞくする心をはまるで逆に、身をもだえながら必死に悲鳴をあげていました。
 そうすることによって、ますます彼と私の異常なプレーが佳境に入っていくことを知っているからです。
「ふふふッ。いくら厭だと言ったって、もうこうしてしまえば、どんなことでも・・・」
 彼は好色そいな眼を細めて、のどの奥で嗤いばがらそろそろと私のパンティに手をかけます。
 私は手も足も縛りあげられて、パンティ一枚の裸のまま、彼のなすがままにならなければならないのでした。
 彼と私のプレーは、一方的に私が虐げられ、声をあげさせられることになっています。
 その虐げに、どれほど私が耐えられるかが彼の楽しみなのでした。
「あーッ・・・・・そんなことをしちゃあイヤーッ」
 彼の手が変なところを狙って撫でまわしてくるので私は悲鳴をあげていました。
「ふン。そう言いながら喜んでいるじゃないか・・・」
 彼はなおも執拗に指を這わせてきます。
 こうされると、私はもう耐えようもなく声が出てきて、羞かしいことに身体中がぬれてくるのでした。
 身動きもできず縛られてしまっているという被虐感が、私をますます燃えあがらせて、快感を増大させてゆくのです。
 いつの間にか私は全裸にされていました。
「・・・・・うふふふッさあこれからだぞ気ちがいになるような、たまらない思いをさせてやるんだ!」
 彼はいま、私がどんなに燃えているかをよく知っているのです。
 私はこれから彼の手で、最も羞しい姿にされようとしているのでした。
「・・・・・あーッ。ゆるしてッ!こんな羞しいポーズにするのは、なんにんしてえ!」
 私は震えながら声をからしていました。
 女の身にとって両足をこんなポーズに開かれるのは顔から火が出るような羞かしさでした。
 しかし彼は強引に私の両足を左右に開いて縛りつけてしまいます。
 そして、
「へへへ。羞かしい羞かしいと言いながら。マミの身体はこんなに燃えて悦んでいるじゃないか・・・・その証拠に・・・・ほら、ほら・・・・」
 と、わざとそそりたてるようなことを言うのです。
 ああ、私はこの異常なプレーに溺れて行くのでした。

「受縄肉地獄」

SM奇譚197703-1受縄肉地獄

SM奇譚1977年3月号の巻頭カラーグラビア「受縄肉地獄」
このグラビアは「羞恥の悶え」の別ショット版であり、全体的にポーズに変化があって迫力を感じます。目次に竹内友美と書かれているモデルは「面接試験」のモデルでもあり、本当に恥ずかしがっているように見える表情が良い感じです。あえて注文を付けるなら、右の写真で斜めにかかっている胸縄です。こういう胸縄の縛り方だと、責めている途中に緩んできてきそうで縛られる方も気持ちよくないのではと思ってしまいます。

「処女折檻」

SM奇譚197702-3処女折檻

SM奇譚1977年2月号の折込カラーグラビア「処女折檻」
モデルは目次に原田美和と書かれています。ちょっとぽっちゃり目のモデルですが、縄が食い込んで良い感じです。もっと厳しく締め上げてもいいくらいかもしれません。右の写真のように縛られて縄で感じていく姿をニヤニヤしながら眺めるのもいいものです。ちなみに縄の猿轡は被虐感ということでは好きなんですが、実際のプレイでは顔に縄の痕が残って消えなかったらと思うとちょっと躊躇ってしまいます。顔に縄の痕が残ったまま町を歩かせるというのは刺激的なんですけどね。
カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。

【カウンターテスト中】
 since 2005.11.21
現在の閲覧者は  人です。
プロフィール

かげまる

管理人:かげまる(♂)

SMというより縄好き縛り好き。麻縄で後ろ手に縛られた女性に性的興奮を感じ、縄で縛られることを望む女性に惹かれます。そんな女性を縛って責めて感じる姿を見るのが大好き。脚フェチ。麻縄以外の拘束系、痛めるだけの苦痛系、浣腸/スカトロ系、奴隷/主従関係は苦手。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
お気に入りリンク
検索フォーム
QRコード
QR