FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載している写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しています。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

「たて縄地獄」

SM奇譚197709-1たて縄地獄

SM奇譚1977年9月号の巻頭カラーグラビア「たて縄地獄」
モデルは泉リコと目次に書いてあります。素朴で普段着っぽい服装での緊縛が逆に味を出しています。ただあまりにも普段着っぽくて下着がパンティしかないのが不自然ではありますがモデルの表情がとてもいいです。

COMMENT

いいですね

う~ん下着がほしい 下着が無惨にもはさみで切り裂かれるのが好きですから

あれ?

この写真では下着がよくわかりませんね。(^^;;;

それは突然やってきた

…とでも言いたくなるような、きわめて平凡な日常の中に、アブノーマルな情慾の念が
飛び込んで来た、という感じのカットですね。なかなか萌えます。
オリストとしては、
地方公務員の穏やかで優しい夫や幼稚園に通う娘と、ささやかながら幸福な日々を送る主婦・R子。
そんな彼女は、平日のある日、同性の友人とともに町中に映画を見に行った途上、
OL時代、自分と不倫関係にあった元・上司の課長と再会する。まだ処女だった身を半ば強引に
女にし、縄の味まで覚え込ませた課長とは1年半ほどの付き合いだったが、彼は会社の金を横領し、
5~6年ほど前に行方をくらませていた。だがもうほとぼりが冷めたと思った彼は、故郷の町に数カ月前から
帰ってきていたのだった。その後すぐその会社をやめ、今の夫と恋愛結婚したR子。もともと彼女は、
元上司とのいまわしい思い出のこもる会社がある町に足を向けるのには、若干の抵抗があったが、
まさか一日くらい平気だろう、もうあの男も帰ってくることはないだろう、という油断があった。
だがそんな思いは、裏目に出てしまった…。
映画観賞後、友人と入った喫茶店。そのトイレの入口そばで、すれ違った中年男に手首を掴まれ、
ゾッとする目で睨まれたR子は、一瞬で相手が誰か認めた。その顔は数年前の記憶にあるものからは
大分やつれていたが、間違いなくあの男だった! もはやR子は、蛇に睨まれたカエルのごとく、
そこから逃げ出すことも声をあげることもできなくなってしまう。すばやくハンドバックを
ひったくられてまさぐられ、買い物用スクーターの免許証を奪われたR子。彼女は相手の指示のまま、
座席で待つ友人ももとに戻ると、やがてタイミングを見計らい、急用を思い出したわと告げ、先に喫茶店を出る。
免許証を奪われ、自宅まで知られたR子はもはやあらがうすべもなくかったのだ。
十分後、R子は、相手が指示した彼の車が停めてある駐車場に向かう…。そこでは男が不機嫌そうに
ドアを半ドアにして待っていた。
助手席で言葉もなくうなだれたままのR子の後ろ手を針金でいましめ、そのままの姿で
自宅に連れ込んだ男は、早速、彼女を着衣姿のまま柱に縛り付ける。
そしてステテコ姿になってくつろぐと、次のいましめのための縄を手にする。
その姿を見るR子の瞳に涙がにじむ。
「あたしにはもう幼稚園に行く子供もいるんです、許してください」と泣き叫ぶR子。
だが、そんなあらがいこそが、ますます男の異常な嗜虐癖を高ぶらせていく。その現実は、
この平穏な数年の日々の中、彼女がつい念頭から薄れさせていた相手の性癖だった(左フォト)。
十数分後、R子の胸をはだけ、半裸の状態にした男は、今の夫に愛されてよく熟れた人妻の肉体を
じっくりと鑑賞する。その粘り着く視線だけで死ぬほど羞ずかしいR子は、泣いてあらがうが、
男は髪を掴んで相手の乳房や脂の乗った胴回りの肉づきを楽しむ。
「かんにん…」と身悶えするR子の肉体を無言で押さえつつ、視姦を続ける男。
だがその目は、やがてR子のパンティの股間に灰色の染みがうかんでくるのを見のがさなかった。
すでにR子の目前の畳の上には、革の鞭や滑車、そして大型ガラス製の浣腸器などが並べられていた。
それらの中には、彼女がよく知るものと、そうでない新しい器具とがまざっていた。
「数年間、お前の腹の中にたまっているものを綺麗さっぱりさせてやるよ。それから昔のように
鏡の前でY字ポーズで逆さ吊りにして、ケツにはたっぷりと鞭の洗礼だ」
「…ああ…」
もはや己の逃れられぬ運命を知ったR子は、髪を掴まれ、膝をおさえられたまま、永遠に忘れ去っていた
はずの鞭のうずきと官能、そして浣腸の汚辱と排泄の快楽の記憶を、己の胸中に探るしかなかった。
室内のテーブルの上には、数年前とは名字の変わった、彼女の今の境遇を示す免許証がポツンと置かれていた。

そして

その後、彼女はどうなってしまうのでしょう...........???
妄想が余韻を残すところが、マニア心を擽るのでしょうか....^^
(できれば、平穏な良妻賢母をなにげなく演じて行ってもらいたいものです)

今更ながらですが…

かげまるさんにこのコメントを見て頂けるかどうか分かりませんが…
このグラビアが小生の(現時点の)生涯ベストグラビアです。
高校時代ですが、切り取ってずっと保存していました(勿論家族には内緒で)が、引っ越しの時に紛失してしまいました。
久し振りに見てとても興奮ましたよ(笑)。
パンティ1枚で大股開きで縛られたグラビアもあると思いますが…
普通の主婦が何かの理由で理不尽に陵辱されてしまうストーリーを妄想しながら使ってました。何とか全部手に入れたいですが…
とにかく思い出深いグラビアです。

ぼくにとっても・・・

>青鈴さん
書いていただいたコメントはすべて拝見させていただいています。
このグラビアはぼくにとっても上位ランクのグラビアです。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

二代目管理人:コウ

麻縄で後ろ手に縛られた女性に性的興奮を感じ、それを望み感じる女性に惹かれます。そういう女性は大切にしたい宝物。縛られることに焦がれる女性と話をしたり、縛って眺めたり乳首を弄んだりするのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。コウの中にもそういう女性ユキを幼いころから飼っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR