FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載している写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しています。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

「夕顔咽ぶ涼刻」

SMクラブ198208-1夕顔咽ぶ涼刻

SMクラブ1982年8月号のカラーグラビア「夕顔咽ぶ涼刻」
かわいいモデルですがこの時期にはよく見かけたような気がします。左の写真は浴衣に縄が良く似合っていて、はだけた裾からの脚が艶かしいです。右の写真は胸をあらわにさせられて股縄をかけられているところですが、表情ときれいな肌とかわいい胸がとてもいいと思います。
<追記:2006.6.20>
モデルは木崎由香里であるとのご連絡をいただきましたが、ビッグショット4月号表紙 にも書きました通り、顔つき・体型とも似ているのですがホクロの位置や肌の美しさやヘソの形をどうも一致させることができませんでした。

COMMENT

浴衣もいいもの

初めて見ますが、あどけなさの残る可愛い娘ですね。 和服好きの私は、浴衣もOK。
左はきちんとした胸元と、乱れた裾から覗く太腿の対比が実にいいですね。
右は縄が緩いのが気になりますが、中央で胸縄を縦に連結する縛りでまず私の好み。
ピンク色の美しい乳首が印象的です。
股縄を掛けられている場面ってどきどきしますね! 閉じた眼に何ともいえない表情があります。 (気が付けばかげまるさんとほぼ同じコメントですみません) ただ、男の右手がなんと恨めしいことか。

木崎由香里?

こんばんは。
たぶん木崎由香里(杉浦さんのサイトでの名前)ではないかと思います。
このモデルが活躍していたころ、ちょうど中森明菜が「スローモーション」でデビューしました。
何となく表情が似ていて、木崎由香里のグラビアを見ると中森明菜が縛られているような錯覚を覚えました。
で、お気に入りのモデルのひとりです。
分室に木崎由香里のグラビアを貼っています。ご鑑定いただけたらと。

ありがとうございます。

>西村さん
白石雅美につづいてのモデル名のご教示ありがとうございます。(^.^) 確かに言われてみれば雰囲気が中森明菜に見えなくもないですね。中森明菜デビューはぼくの社会へのデビューの時期でもありました。懐かしい、懐かしい。(^.^)

たったこれだけの記憶ですが。

はじめまして。
今日、こちらのサイトを知りました。
昔のSM雑誌の写真を拝見しながら、見覚えのある作品があって嬉しくなりました。
実は本当に漠然とした記憶なので、99%再開は不可能の思っている写真があります。
私が最初にSM雑誌も見たのは1976年です。
友人の兄の机の中でみたSM雑誌です。
B5サイズより小さい雑誌だったと思います。
赤い腰巻だけの女性が後ろ手に縛られ、タオルで猿轡をしっかり噛まされています。
分厚いタオルを噛んでいますが、太くとしっかりとは口に収まっていません。
でも、しっかりと噛みながら、カメラをきっと睨みつけています。
畳みの上に正座した姿勢でした。
あれ以来30年。
あの写真ほど、好きな構図のSM写真には出会っていない気がします。
人生で最初に出会ったSM写真が、NO1に思えるんです。
それほど、キッと睨んだモデルの眼が素敵でした。
その後、たくさんのSM写真を見ましたが、どの女性も眼を閉じ、
伏し目のモデルさんばかりで、がっかりの連続なのです。
たったこれだけの情報では、やはり無理なのでしょうか?

思い出の写真

>ベストさん
レスが遅くなって前後してしまいました。ベストさんが最初に出会ったSM写真ですが、これだけの情報ではなかなか探すのが難しいと思うのと、残念ながらポケット版のSM誌はほとんど持っていないということが致命的です。でも、どこかで偶然見つけたりすることもありますので、思い出だけは忘れずに(忘れるはずないですね!)持ち続けて下さい。(^.^)

木崎由香里とは別人

かげまるさん、おはようございます。
ウチの掲示板(http://www.st.sakura.ne.jp/~nishimu1/newbbs/sf_bbs.cgi)にも書き込んだ通り、このモデルさん木崎由香里ではありませんでした。お騒がせしました。
身体つきや肌の白さは似ているんですが、顔が違いました。しかし、これをきっかけにかげまるさんのサイトで木崎由香里の顔が皆さん知ることができ、感謝しております。これからもよろしくお願い致します。

原体験は大きいですよね

かげまる様、Premioさん、西村さん、どうもです。
そしてベストさん、初めまして。よろしくお願いします。
御探究のSMフォトの話題ですが、お友達のお兄さんの机の中で
その掲載誌とファーストコンタクトというのがリアルですね。当方とSM雑誌の
出会いはよくあるパターン(?)で、中学生時代の、父の部屋のスミでした(笑)。
> あれ以来30年。
> あの写真ほど、好きな構図のSM写真には出会っていない気がします。
> 人生で最初に出会ったSM写真が、NO1に思えるんです。
> それほど、キッと睨んだモデルの眼が素敵でした。
原体験(もしくはそれに近いもの)が自分にとっての至高になってしまった、と
言われるベストさんのお気持ちは、よく分かるような気がします。
(自分も、30年前に初めて出会った、あるSM中編小説の魅力からいまだに
逃れられない人間ですので~汗~。)
しかしB5サイズ(週刊誌サイズ)より小さい雑誌、というと
「コレクター」「奇譚」「別冊ファン」「フロンティア」ほかのA5系
(「歴史読本」とか「このミステリがすごい」サイズ)、
「ファン」「セレクト」系のポケット版(新書判)系、と
大半の定期誌が該当してしまいますね…。ちなみに先の当方の思い入れがある
小説が掲載されている「SMファン」74年2月号に、赤い腰巻姿で睨みつけ、
という種のグラビアが載ってた記憶があったので、フロックで、まさかソレかな、と
思って再確認したのですが、残念、ポーズがまるで違いました…。
グラビアの方向的には近いものがあるような感じもないではないですので、
その辺を手がかりのひとつに、これかな? というものが目につきましたら
微力ながら、当方も探究に協力させていただき、こちらの場などを
お借りして、ご連絡さしあげたいと思います。
良い意味で、気長にお待ち願えますと幸いです。
末筆ながら本題の「夕顔咽ぶ涼刻」ですが、木崎嬢ではないにせよ
(西村さん、さすが、すごいです!)確かにかわいいモデルさんですね。
右フォトは、股縄の痛覚に苦悶している状況なのでしょうが、ちょっと見ると
単に浴衣をはだけさせられ、すでに下履きを剥がされた下腹を視姦されるだけで
悶えているように見えて、それもまたエロチックで結構、という感じでした。
足下のウチワが、妙に生活感を上げていてなかなか良いです。

やっぱり別人でしたか・・・

>西村さん
木崎由香里とはやっぱり別人でしたか。木崎由香里は鼻のホクロが特徴的なのですが、このグラビアのモデルにはそれが見つけられないのですよね。顔も見慣れてくると最初の似ている印象から離れていってしまいましたし。でも、こうしてモデルの名前をいろいろ議論しあうのは楽しいものだとわかってきました。それに名前がわかるとそのモデルが急に身近に感じたりもします。こちらこそ、これからもよろしくお願いします。(^.^)

お願い:ぼくの原体験グラビア

>NORITOさん
原体験の写真はいつまでも心に残っていますよね。実はぼくの原体験近くのグラビアも当然いくつかあって今もちゃんと持っているのですが、残念ながら表紙から切り離してしまってあって、どの雑誌のグラビアかわからないので掲載できないのです。「祭りの女」「黄八丈散華」というグラビアなのですが、どの雑誌の何月号のものかご存知の方は教えていただければと思います。

>かげまる様の原体験~探究グラビアの件 了解です

>かげまる様
御依頼の件、了解いたしました。
「祭りの女」
「黄八丈散華」
さすがに、それぞれすぐ、ピンとは来ませんが、先のベストさんの探究グラビアの構図と
ともに、この双方の題名は、頭の片隅に留めておきます。
(ちなみにA5版ですよね? 新書判のグラビアはあまりお持ちじゃないと
お伺いしていますので。)
万が一、首尾よく見つかりましたら、すぐに進言させていただきます。
どうぞ気長にお待ち下さい。
(もちろん、当方が見つける以前に、他の方から御情報を戴く可能性も
十分に、あるでしょうけれど!)

御礼遅くなってすみません。

かげまる様。NORITO様。
御礼が遅くなってすみません。
しばらく書き込みに気付きませんでした。
お騒がせしました。
やはり30年近く前の記憶ですから、非常にあいまいです。
サイズはもしかしたらもう少し大きかったかもしれません。
コレクターやフロンティア、ファンやセレクト等は私もその後
随分お世話になりましたから、そんなメジャーな雑誌じゃ
なかったと思います。
とにかく、家庭にあるタオルをグリグリによじり、
唇を割って噛ませてある。
上半身は裸、下半身は腰巻だったはずです。
縛りはそれほど厳しくはなく、乳輪の大きなモデルでした。
そして何より眼に力があって、キッとカメラを睨んでいるんです。
私は日本のSM雑誌は、縛られたモデルの眼がとにかく
不満でした。
皆眼を閉じているか、虚ろな眼をしています。
猿轡を唇を割って噛まし、口惜しそうに睨み返す写真が
まったくなく、だんだんとSM雑誌から心が離れていった
のです。
嗜好が海外のボンデージ雑誌に移っていきました。
この嗜好は今も変わりません。
やっぱりSM好きの方たちは、猿轡された女性の眼は
閉じているのがお好みなのですか?
不躾質問ですみませんでした。
また、何かわかりましたら、ご連絡宜しくお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

二代目管理人:コウ

麻縄で後ろ手に縛られた女性に性的興奮を感じ、それを望み感じる女性に惹かれます。そういう女性は大切にしたい宝物。縛られることに焦がれる女性と話をしたり、縛って眺めたり乳首を弄んだりするのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。コウの中にもそういう女性ユキを幼いころから飼っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR