FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しております。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「熟れた美蝶」

SMフォト全集197805-1熟れた美蝶

SMフォト全集1978年5月号(シネマSPOT増刊号)のカラーグラビア「熟れた美蝶」
モデルの表情やしぐさにもう少し情感が出ていればさらにいいのですが。

COMMENT

右のカット

左足を縛った縄尻は部屋の隅に繋がれているんでしょうね。
全裸で足を閉じたくても閉じられないポーズで固定されてしまうっていうのはM女性としてはどん
な気持ちなんでしょうか?興味あります。
78年頃はまだヘアが見えてしまうのはご法度でしたから、写真はこういう処理になってしまう訳
ですけど、当時はけっこう想像力を働かせて興奮していたように思います。

寝かせて片足吊り

 固定されていないもう片方を上げっぱなしで隠すには疲れてしまい、結果的に開脚になってしまうほうが、女性には切ないはずです^^;
 で、モロ見えより白抜きのほうが、想像力がたくましくなります。
 眉の濃さと陰毛の濃さは、相関関係がある気がしますが(^.^)

右フォトですが

こういうポーズの場合は、「背面にスタンドのついた中型サイズの鏡」を股間の前に置いてほしかった! ですね。
演出としてはたまによくある手ですが、それならこの大股を開かせながらのいましめにも意味があるし、M女性
への羞恥責めを楽しめると同時に、当時の印刷物としての規制もクリアできるのではにでしょうか?
(できれば、ソコに置く鏡はいかにも女物という感じのものにしてほしいです。そうすれば「S男性が女性に
命じて自前のものを持参させた」というシチュエーションになり、「いつも使っている何気ない日常品を、
相手の気まぐれでSM道具に用いられる」M女性の被虐の哀感も増すのではないかと……爆!)

EDIT COMMENT

非公開コメント

カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

Author:コウ

SMというより縄好き縛り好き。縛られることに焦がれる女性を縛って、バイブ責めをしたり、乳首やお尻を鞭や蝋燭で痛めつけるのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。
縄以外の拘束系、血を見るような苦痛系、浣腸・スカトロ系は好みではありません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。