FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しております。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「昭和維新」

SMコレクター197511-1昭和維新

SMコレクター1975年11月号の巻頭カラーグラビア「昭和維新」
悪名高い憲兵に嬲られるという設定のグラビアです。この下着、ストッキングも時代を感じさせてくれて懐かしいです。モデルは、撮影同行記ではミミと紹介されていますが、髪型、顔つきに幼さが感じられてとてもいいです。幼いといっても、今の時代の子供のようなモデルとは全然違いますが。なかなかいいグラビアです。

COMMENT

タイトル設定はともかくとして!

この時代。「憲兵」が活躍している頃に、このグラビアでモデルさんが身に着けている衣裳。
皆さんはどう思われるのでしょうか?
スリップ(この頃はシミーズでしょうか)にショーツ、そして真っ赤なガーターベルト付の黒のストッキング。一般人は到底着れませんよね。
はたして正解なのか?このシュチエーションに合っているのか。
「高貴な女性が、憲兵に引っ張られていって喚問される。」という設定というのであれば、充分に納得できるんですが。(勉強不足ですみません。)
タイトルは別として、女性の「羞恥心」を煽る責めということでしたらどうでしょう?
衣服を脱がせ、下着姿にして縛り上げ、思いっきり女性の「羞恥心を煽る。
これが緊縛グラビアの基本だと勝手に解釈し、そう思いながら楽しませていただいています。

この号は・・・

この号は持ってました。残念ながら処分してしまいましたが、印象に残っているグラビアのひとつです。
他にどんなカットがあったのか・・・?是非もう一度手に入れたい号ですね。
コス・プレイヤーさんの指摘にもあるように、憲兵による取調べ(拷問)というシチュエーションにこの衣装は’?’という気はしますが、モデルさんもなかなか良いですし、縄によって絞り出されるようになっている乳房を見ていると、こちらの加虐心に火がつきます。

人は人、我は我

>コス・プレイヤーさん
時代、シチュエーションと、衣装を含めた小物類の検証をし始めると、どのグラビアにも突っ込みどころはあります。
そんなことはわかっていても、ぼくは軽い突っ込みですませておきたいと思います。
撮影するほうも、そんな綿密な時代検証などしていませんし、見るほうもそういうところは期待していないと思いますしね。
正解とか不正解とか問うこともあまり意味なくて、見る人たちがこの写真を楽しめるか楽しめないか、それだけだと思います。
コス・プレイヤーさんは、そういう細かいところまで納得できなければこのグラビアを楽しめないとお思いになる、ぼくは、そういうのは関係なく楽しめる。
それは他人に同意を求めることでもなく、人はそれぞれでいいんじゃないでしょうか。(^.^)
>KICHIさん
このグラビアは、別館のデータをまとめようとしてあらためて見たグラビアなのですが、なかなかモデルもポーズも良くて気に入ってしまいました。
処分されたのは本当に惜しいですね。
ぜひ、また手に入れましょう!なぁんて。(^.^)

そそられます

憲兵或いは特高が反戦活動家の隠れ家を自白させる為に娘や妻を拷問するストーリーは大好きです。(衣装まで当時の物に近ければなお結構ですが・・・)
乳房(いや乳首かも)を責めるために片肌脱ぎとなったシュミーズ、ズロースの上からXXを嬲る為に椅子の脚に足首を縛られ閉じる事の出来ない太腿。
それ程辱められても父親の為に白状しない少女は遂に最後の一枚を脱がされ・・・
次に待っているのは、死ぬほど恥かしい淫らこの上ない拷問なのか・・・
想像は尽きません。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ&ユキ

Author:コウ&ユキ

麻縄で後ろ手に縛られた女性に性的興奮を感じ、それを受け入れる女性に惹かれます。そういう女性は大切にしたい宝物。縛られることに焦がれる女性と話をしたり、縛ってバイブ責めをしたり乳首を弄んだりするのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。コウの中にもそういう女性ユキを幼いころから飼っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。