FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載している写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しています。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

「マゾ姉妹」

SMコレクター197410-1マゾ姉妹

SMコレクター1974年10月号の巻頭カラーグラビア「マゾ姉妹」
印刷されたタイトルは「マゾ姉妹」ですが、目次や撮影同行記では「まぞ姉妹」となっています。ぼくはカタカナの方がマゾっぽく感じます。連縛は魅力的なのですがグラビアでは珍しいと思います。モデルは「六本木でゴーゴーを踊っているミカちゃんとその友達のユーコちゃん」と書いてあります。左の写真は黒のスリップとストッキング、こぼれる片方の乳房がいやらしいです。表情もいいです。右の写真は、手首を縛った縄が首から股を通って柱に留められているという、見ているだけで楽しくなるような縄です。

COMMENT

おっしゃるとおり!

黒の下着と言うのは女性の白い肌には非常に映えますよね。
着ける人によっては淫靡になりますしね。
このモデルは自分としては淫靡だと思います。
また、秘部を通る縄と言うのは、いつ見てもいいものです。
後ろに突き出された臀部も目を引きます。
欲を言えば白い下着の女性の表情も見たいですね。。。
欲張りすぎでしょうか?(笑)

中学時代、してくれそうだった、近所の未亡人を思い出します。

黒と白

>ぽっぷこぉんさん
実はストッキングはナチュラル好き者なのですが、この写真では黒がとてもいやらしくていいと思いました。
白い下着の女性は、どの写真にも顔は出ていません。(最後に横顔が少し・・・)
顔を隠すということは、連縛を撮ろう!ということになって急にモデルに抜擢された普通の女性なのかなぁとヘンな想像をしたりしています。
>相原さん
「してくれそうだった」ということはしなかったのですか?
それは惜しい事をしましたね。(^.^)

レス、ありがとうございます。
太ももに触ったことや、ジーンズ越しにアソコに手を伸ばしたことはあります。
そのときの、口を半開きにして見下ろすような勝ち誇った視線が、目に焼きついています。
私には、30代になるか・・というときに、Mだった時期がありました。
SMクラブで、演技指導(笑 をして、そのときの目をしてもらい、
「ダメじゃない・・・○ちゃん。私のこと想像して、自分でしてるんでしょ。お勉強できなくなるよ。お仕置きするから、おしり出しなさい! ほら、もっと突き出して!! ほら、もっと!! 少しは女の気持ちがわかった? これ何かわかる? 注射器じゃないのよ・・・ ・・・・ pu。顔、引きつってるね。よしておく?。・・・ ほうら、色みてよ。○ちゃんが、オナニーのときに出すものと同じ。・・・太いでしょ。怖くないわよ。石鹸水だから。キャ~、恥ずかしい、恥ずかしい・・・」
演技の自然な子に当たったときは、目の前が真っ白になりました。
やがて、Sになりました。ですが、最近は、クラブも頭の悪い安っぽい子が多いので、今Mだとしても興奮しないでしょうね。
いよいよ、明日は・・・
という時に、母から「○○さんは、深夜に酔っ払った男が通ってくるフシダラな女だから、親しそうに話しては、ダメ。」と、文句をつけられました。中一でしたから、従ってしまいました。つくづく、惜しかったです。

ペチャ犯^^;の妄想劇場(10) 「マゾ姉妹」

妹だけは 堪忍ね
あたしだったら 好きなよう
やってもいいわ でも二人
全裸にされた 悔しいわ

EDIT COMMENT

非公開コメント

カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

二代目管理人:コウ

麻縄で後ろ手に縛られた女性に性的興奮を感じ、それを望み感じる女性に惹かれます。そういう女性は大切にしたい宝物。縛られることに焦がれる女性と話をしたり、縛って眺めたり乳首を弄んだりするのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。コウの中にもそういう女性ユキを幼いころから飼っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR