FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載している写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しています。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

「豊満ないけにえ」

SM奇譚197812-3豊満ないけにえ

SM奇譚1978年12月号の巻末カラーグラビア「豊満ないけにえ」
奥様風のモデルが妙に生々しくて色気を感じます。表情もいいですし、身体も縄が程よく食い込んで縄の似合います。胸のふくらみも個人的にはこのくらいが知的で品があるような気もします。残念なのはSM奇譚にしては最初から全裸であること。最初は奥様風の着衣からはいって欲しかったです。きっとどこかにこの着衣バージョンが掲載されているのかも知れません。同じタイトルとして「豊満ないけにえ」があります。

COMMENT

Sの理想(しかし、滅多に叶わない理想)は、マゾの喜びを相手に味合わせることだと思います。
簡単にいうと、
「いやでたまらないけど、それが気持ちがいい。」
ということでしょう。
そうなると、理想の女性の一つのタイプは、
セックスでエクスタシーを何回も感じている。でも、夫(死んだ夫も含む)は裏切りたくない。縛られて太ももを触られたり、おしりを男にじっくりと見られたりとかは恥ずかしくて、考えただけでも気が変になる。SMの経験は全くない。でも、男が欲しくて欲しくてたまらない…
というタイプの、30半ばくらいの人妻でしょう。
モデルさんは、まさにピッタリ。リアルです。
多分、浣腸もアナルやヴァギナへの射精もすんで、「帰ろう。」という段階になってキスしても、初夜のキッスのような重い表情を見せてくれることでしょう。
チョィブスな顔もそそられます。

このモデルさんは・・・

「女奴隷セリ市」~その3の13番(はるみ=水木アイ)ですね。
体型は太すぎず細すぎずで私的にはストライクゾーンです。顔立ちは決して美人タイプとは言えないかもしれませんけど、縄で縛られるとどんな女性も愛おしい存在になります。
SM奇譚の77/12月号の 「悪徳の掟」 というグラビアで記憶していたモデルの名前が〝水木アイ〟 でした。
2年前、その名前を検索してたら偶然こちらのブログにたどりついたんですけど。
そちらと比べてみると同じモデルさんとは思えないくらい違った印象です。

やはり「はるみ」

 ごぶさたです。
 13番の奴隷のように思いましたが、やはりそうですか。
 「豊満」かどうかは別としても、そこそこ悪くないモデルですね。

かげまるさんと同じく

着衣の写真が欲しいですね。清楚な奥様風のゆったりとしたスカートでもあれば最高です。
豊満とはいえない乳房ですが、私にはこれくらいがちょうどいいですね。猿ぐつわが豆絞りの被せならもっと被虐感が出たと思いますが、そこまではぜいたくでしょう。
今夏の暑さには参ってしまい、しばらくコメントする元気がありませんでした。(笑)

EDIT COMMENT

非公開コメント

カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

二代目管理人:コウ

麻縄で後ろ手に縛られた女性に性的興奮を感じ、それを望み感じる女性に惹かれます。そういう女性は大切にしたい宝物。縛られることに焦がれる女性と話をしたり、縛って眺めたり乳首を弄んだりするのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。コウの中にもそういう女性ユキを幼いころから飼っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR