FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しております。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「戸板責め」

SMコレクター197603-1戸板責め

SMコレクター1976年3月号の巻頭カラーグラビア「戸板責め」
撮影同行記によると、モデルは「ヌードも撮られたことがなく、まして縛られたことなどまるで経験がない」まきちゃんと書かれています。「汚辱の閨」のモデルが高沢マキですが同じモデルだと思います。いい表情しているとは思うのですが、一生懸命に撮影に耐えているという初々しさが先にたってしまいストーリに入り込めない感じがします。タイトルとなっている戸板責めの写真は、戸板への大の字縛りでぼくの好きな縛りではありませんので割愛しました。

COMMENT

高校生の頃、ずいぶん、お世話になりました。
あのころは、必死でしたから、余裕がなかったので、若い色っぽい女性にしか見えませんでした。今、おっぱいなどを冷静に見ると、30代後半…といったところでしょうか。

性的魅力があって、性を知っていることが、最高のM女の条件ですが、
若いピチピチした女性は、縛られることの意味が分からない人が多いですね。
かといって、50くらいの女性は、食指が動きません。

あのころのグラビアは、矛盾すると思われるこの二つを実現させていると思います。

50代のM女さん

>aiharaさん
せっかくコメントいただいたのに、見逃していました。すいませんでした!
ぼくは縛られたいと恋焦がれる精神が一番の条件で、そこに魅力や興奮を感じます。
なので、50代でも大丈夫なケースが多いです。(^.^)

使い込みをした女

会社の金を使い込みをした女を黙ってあげてやることを条件に責めるのはどうでしょうか? 左の写真は最後の牙城のパンティを途中まで下げているところがいいですね。このままパンティを取られるか鋏で切られるかどちらかを選ばせます。全裸にしたあとは乳房を後からもみ尽くします。右の写真はお口でのご奉仕を拒んでいる女に嫌ならそこにある縄で両足をそれぞれ縛り恥部が丸見えになるように足をつり上げるぞと命令します。女はもう堪忍してと泣き崩れてます。

妄想は広がります

>akiさん
この頃のグラビアは8枚ほどのカットで説明もないので、ぼくも好きな妄想をして楽しんで
いましたね。ぼくは縛られたい虐められたいと思っている女性が好きなので、「もっときつ
く縛ってください」とか「もっと虐めてください」とか言っている状況を、よく妄想してい
ました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ&ユキ

Author:コウ&ユキ

麻縄で後ろ手に縛られた女性に性的興奮を感じ、それを受け入れる女性に惹かれます。そういう女性は大切にしたい宝物。縛られることに焦がれる女性と話をしたり、縛ってバイブ責めをしたり乳首を弄んだりするのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。コウの中にもそういう女性ユキを幼いころから飼っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。