FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しております。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縄を喰い込ませたい衝動

ぼくはスカートから伸びる美しい脚を見ると、その女性の容姿や年齢に関係なくその脚に縄をかけたいという衝動が湧き上がってきます。ぼくにとっての美しい脚というのは、太腿はふっくらと程よく肉がつき、足首が細くてふくらはぎの曲線が美しい脚で、パンストとハイヒールが似合う脚です。ぼくが脚フェチ、パンストフェチ、スカートフェチ、ハイヒールフェチだというのはここに何度も書いていますが、それがすべて揃った女性を見るとその脚を縛って縄を食い込ませたくてたまらなくなってしまいます。もちろん、そういう変態な思いは表面には出さないようにはしているつもりですが、なんどもその脚を見たくて無意識に近寄ったり後をついていったりしてしまうこともあるので十分変態男に見えているのかも知れません。

困ったことに最近は脚だけではなくもうひとつ縄をかけたい衝動にかられる部分があるのです。それは太すぎずむっちりと肉のついた白くて肌のきれいな二の腕。そんな二の腕をみると、腕を背中にねじ上げて手首を縛り二の腕に縄をきつく食い込ませたくなります。幸いにも季節は秋から冬に向かい、街なかに二の腕を見ることは少なくなってそういう衝動に駆られる機会は減りましたが、どうして女性の身体のパーツにこうも性的に興奮するのでしょうね。しかもぼくの場合は縛りたいという変態行為をしたいという興奮ですからやっかいです。

写真は最近出番の多いユキちゃんですが、ユキちゃんの脚も二の腕もかげまる的にはかなりストライクゾーンです。

COMMENT

きれいな方ですね

ハイヒールをはきこなせる女性は憧れます。
私は仕事柄ぺたんこ靴ばかりだったので、ヒールの高いパンプスなどはくと足がいたくなります
もうすでにこの時点で女度は下がりますね

女度と男度

>美紗子さん
コメントありがとうございます。(^^)
「きれいな方ですね」というお言葉、ユキちゃん喜ぶと思います。ユキちゃんに成り代わって御礼申し上げます。ありがとうございます。
男は、女性しか身に着けられないスカートとかハイヒールとかストッキングとかに異性を感じて興奮するのだと思いたいのですが、そんなアイテムで興奮するのはぼくが変態なだけかもしれません・・・(^^;) 女度の物差しは人それぞれなのでハイヒールを履かないからといって女度が下がるということは無いと思いますよ。逆に男度って女性から見ると何なんだろうと考えてしまいました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ&ユキ

Author:コウ&ユキ

麻縄で後ろ手に縛られた女性に性的興奮を感じ、それを受け入れる女性に惹かれます。そういう女性は大切にしたい宝物。縛られることに焦がれる女性と話をしたり、縛ってバイブ責めをしたり乳首を弄んだりするのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。コウの中にもそういう女性ユキを幼いころから飼っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。