FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しております。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「淫らな誘拐」

SMコレクター197612-2淫らな誘拐

SMコレクター1976年12月号の折込カラーグラビア「淫らな誘拐」
ついつい着衣緊縛とスカートから伸びた脚につられて写真を選んでしまいます。当時は素足なのが不満でしたが今は素足の方が自然でしかもエロティックに感じてしまうのがおかしく感じます。

COMMENT

普通っぽいところが

このグラビア内のストーリー上の「誘拐」は鋭利目的や怨恨などでは無く、
ズバリ女性の肉体が目当て、ということですね。
ちなみに誘拐と拉致は似ていますが、web辞書で確認すると
ゆうかい【誘拐】…人をだまして連れ去ること。かどわかすこと。
「身の代金めあてに―する」
らち 【拉致】…無理やりに連れて行くこと。らっち。
「見知らぬ男に―される」
だそうです。まぁどちらも、現実ではやってはいけない行為ですが(汗)。
女性の服はそんなに高級そうには見えないですし、普通に店の売り子などで
毎日働いている二十歳台前半の娘、あるいはどこにでもいる家庭の若妻というのが
ヒロインのイメージですか。
左フォトの足首を掴まれて、必死に膝を閉じあわせようとする仕種や、
辛げな表情、それに余り色っぽくはないですが、股間に食い込む黒いパンティの
フツーっぽさなど、とにかく普通さが良いです。
妄想オリストとしては
1970年代半ばのある年の歳末。
駅前喫茶店での昼番ウェイトレスの仕事を終えた啓子は、歩いて十数分ほどの帰路につくが、
その彼女を車で呼び止めたのは、兄の大学時代の先輩・成田だった。ちょっと軽薄な
プレイボーイ風だが、意外に飾らない性格の成田は数カ月前から自宅にも何回か遊びに来ていた。
彼は兄の会社の先輩で、さらに意外にも重役職の遠縁で将来の幹部候補生でもあり、
啓子もそういう立場もあってか、自宅で兄とともにビールくらいは付き合うほどの仲になっていた。
成田が何となく自分に気があるらしいことは啓子も察していたが、
啓子にはれっきとした高校時代からのボーイフレンドがいた。彼女が以前にそれを冗談っぽい口調で、
しかしはっきり告げると、成田は明るく苦笑して、肩をすくめたものだった。
啓子はそんな成田の仕種にごく軽い罪悪感と、若い娘らしい自然な優越感を覚え、
そして、それでその話は終わったものと思っていた。
その成田が言うには、今日は会社の若い連中、およびその知り合いたちでちょっとした
忘年会みたいなパーティがある、ただいきなりに決まったことで女性の手も少ないので、
啓子の兄が彼女を誘うことを提案したという。そして、幹事役で手がはなせない兄に代り、
こうして営業回りの仕事を済ませたタイミングの成田が迎えにきたのだという。
啓子は、だったら前もってお店に電話してくれればいいのに、
と成田にいうが、成田は、兄が電話したけれど少し前に君は店を出たところだったらしい。
こちらもポケベルで今のような打ち合わせをしたんだ、とごく自然な感じで答える。
兄がなかなか親分肌で仲間の面倒見がよく、同時にやや強引な性格だともよく知っている啓子は、
兄ならそういうこともあるだろう、と苦笑し、成田の車で同道することを承服した。
パーティは、会社の仲間の自宅でのホームパーティだという。途中、成田は自宅に車を止め、
学生時代に購入して仕舞ったままの装飾用のモールを持っていきたいと告げた。
啓子はそのまま車の中で待つように指示された。
だが十数分後、啓子が退屈しながら待っていると、見た目にも短い長さのモールを手に抱え、
困った風情で 成田が表に出て来た。成田は、飾り用の道具が思ったよりも傷んでいた。
ちょっと針と糸で直してくれないかな、と啓子に願う。
パーティへ行くといわれたものの待たされて退屈しかけていた啓子は、その願いに応じ、
彼の自宅に入っていった。
だが、成田の指示する奥の部屋に入った啓子は、そこに不審を感じる。モールなどどこにもないのだ。
振り向く啓子の視線に、これまで見たことのないような野卑な笑みを浮かべた成田の表情が映り、
次の瞬間、啓子の頬に強烈な平手の一撃がとぶ。畳に倒れる啓子の後ろ手を手早く手錠でくくると、
恐怖におびえて身をよじる彼女に対し、成田はふすまの奥から取り出した黒い鞄、さらにその中から
ロープの束を取り出した。
十分後、着衣の上から胸縄を施され、手錠を外された後ろ手を間を置かず荒縄で括り直された啓子は
畳の上で恐怖と屈辱、羞恥から身悶えしていた。すでに下着一枚になった成田は、今日のパーティの
話など初めからウソで、すべては啓子を捕まえるための段取りだったという。兄に、警察に言うわ、とわめく
啓子だが、成田はその言葉をふふんと聞き流す。今夜の数時間後には、啓子の心までは奪えないにしても
まともな若い娘なら、今夜のことは絶対に誰にも言えなくなるような境遇にまで彼女を追い込む自信が
成田にはあった。これまでに数人の女を似たような手段で陥落させた経験から、彼は啓子もまたその
やがては自分の獲物のひとつに過ぎなくなることを認めていたのである。
声を荒げ、表向きは強がりを通しながらも、内心では普通の若い娘らしく恐怖におののく啓子に、
成田は自分がサジストと呼ばれる人種で、女を縛ったり、その他のことをしていじめて悦ぶ性癖なのだと
語る。若い娘の耳知識として、最低限、SMがどんなものかくらいのイメージはもっていた啓子だが
それは自分とは永遠に別世界のことだ、一生、縁がないと思っていた啓子は、この脚を、この尻を…などと
卑猥な言葉を並べ立てる成田の前で、愁眉を浮かべて目蓋を閉じる。成田が足首を掴み、スカートの下の
黒いパンティをあらわにした。「…やめて…」啓子の抵抗の叫びが、いつの間にか、蚊の鳴くような声に
変わっていた(左フォト)。
数十分後、丸裸に剥かれた体をきびしく、そして死ぬほど羞ずかしい恰好に縛られた啓子は、
後ろ手縛り・胸縄、膝立ちの姿で、部屋の柱に胴体をゆわえられ、泣き悶えていた。そんな啓子の
あられもない姿を、さっきまた別の緊縛ポーズを撮したように、今また成田がカメラのフラッシュを炊いて
好きなだけ撮影し続けていた。啓子の頼みの綱の兄は、会社の上役に手を回した成田の企みで、
突然、一晩かけての、急ぎの倉庫整理作業にかりだされていた。一方、成田は啓子の兄には、彼女には店の方に
寄る用があるので、その旨、自分から伝えておく、とも言っていた。啓子の自宅にも同様に成田がうまいことを
伝えて安心させており、つまり今夜一晩、啓子は自宅に帰らず成田に責め続けられたとしても、
誰からもその行方を案じられることなど、特にないのだった。
残酷な笑みを浮かべる成田にそう聞かされた啓子は、冷たい木の柱に勃起した乳首をこすりつけて
身悶えしながら、ますます昏い絶望の淵に心を静めるのだった(右フォト)。
一方、成田は啓子の裸身を舐めるように眺め回し、尻が小さい、肌も特に綺麗というわけではない、美貌もまぁ
悪くは無いが、とりたてて美人では絶対にない、とひとつひとつ、ごく冷静な品評を始める。
思いもかけぬ侮蔑の言葉にさらされ、屈辱の念から泣き出す啓子。
だったら、何で自分をさらい、このように死にたいほどの汚辱で羞ずかしめるのか!?
だがそんな普通の女を、縄や他の道具、それに自分のテクニックで磨き上げ、
マゾに目覚めさせていくことこそ、年の割にかなり経験豊富なサジスト=成田の醍醐味だった。
週に一、二度ほど調教を続ければ、この女は来年の春には羽化した蝶のように艶っぽい女になるだろう、
そう胸の中でつぶやきながら、成田はまず最初の手ほどきとして、革製の乗馬鞭を手に取った。
そしてそんな彼の思惑など知らぬまま、すでに全身の各部の縛り目が、縄とのこすれ合いで赤くなってきて
痛くなっている啓子は、ただオイオイと泣き悶えていた…。

黒のショーツは・・・

黒のショーツはこの服装の場合はアンマッチかな・・・?という気がします。
ただ眉間に皺をよせた表情、男に摑まれた足を拡げられまいとして懸命に抗っているポーズは良いです!
右のような縛られ方で柱の前に立たされている画像というのは珍しいですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

Author:コウ

SMというより縄好き縛り好き。縛られることに焦がれる女性を縛って、バイブ責めをしたり、乳首やお尻を鞭や蝋燭で痛めつけるのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。
縄以外の拘束系、血を見るような苦痛系、浣腸・スカトロ系は好みではありません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。