FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載している写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しています。問題がある場合はご連絡ください。】
かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縄に焦がれる女性とのお話」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信
皆様へのお願い:本ブログの掲載情報は、管理人が時間をかけて整理した情報のため、個人利用に限定し、転記、再利用等は控えていただきますようお願い致します。

縄の痕

プレイが終わったあとは、身体に縄の痕が必ず残る。
最後に風呂にはいってぼくがマッサージをするのだけど、それでも縄の痕は簡単に消えない。
夏は薄着なので、パートナーさんに、こういうことを聞いてみる。
「その服じゃ、縄の痕が見えて困るんじゃない?」
別に心配しているわけではない。
むしろ、むしろ縄の痕を晒して人混みを歩いてくれるほうが淫靡で好きだ。
できればそうしてほしいがさすがに恥ずかしいだろうなと思って聞くのだ。
あるパートナーさんは次のように答えた。
「縄の痕がついているということは相手がいるとわかるから、同じ趣味の男は声をかけてこないから安心。」
「たしかにそうだね」
と納得しかけたが、いやいや、見るのは、同じ趣味ではない男や女の方が多い。
変態だと思われることは気にならないのかい?と聞き返したくなった。
そんな会話も楽しい思い出のひとつです。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。

【カウンターテスト中】
 since 2005.11.21
現在の閲覧者は  人です。
プロフィール

かげまる

管理人:かげまる(♂)

SMというより縄好き縛り好き。麻縄で後ろ手に縛られた女性に性的興奮を感じ、縄で縛られることを望む女性に惹かれます。そんな女性を縛って責めて感じる姿を見るのが大好き。脚フェチ。麻縄以外の拘束系、痛めるだけの苦痛系、浣腸/スカトロ系、奴隷/主従関係は苦手。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りリンク
検索フォーム
QRコード
QR