FC2ブログ

こだわり緊縛美の世界へようこそ

縄で縛られた女性にはなんとも言えない美しさがあると思いませんか。切なそうな表情、酔いしれているような顔、縄が食い込む肌の美しさ。そして、縛られるという非現実的な状況にさらされていることに対する恥ずかしさと戸惑い。そういう美しさを感じる緊縛の世界。それをかげまるの好きなこだわりの写真で記録の意味も含めて綴っていきたいと思います。お好きな方はお付き合い下さい。
【掲載している写真は、管理人所有の雑誌をスキャンした写真と管理人が撮影した写真を使用しています。問題がある場合はご連絡ください。】

かげまるのこだわり雑誌別一覧(月刊誌)雑誌別一覧(写真集)
「縄と縛りに対する思い」
「縛られたいと思う女性との関係」


【管理者ページ】
【サン出版】SM奇譚 (SMアブハンター)
【サン出版】SMコレクター
【東京三世社】SMセレクト
【東京三世社】小説SMセレクト
【日本出版社】SMクラブ
【司書房】SMファン
【司書房】別冊SMファン
【サン出版】SMフォト全集
【東京三世社】秘蔵版SM写真集
【東京三世社】緊縛浪漫
【日本出版社】SM妖美写真集
【考友社出版】美少女コレクター
【不二企画】緊美研通信

こだわり

令和になっても、昭和の緊縛写真にこだわっていきたいと思います。

宝石のような女性

ハイヒールをはいた脚のきれいな女性は縄が似合います。
肌の白い女性は縄が似合います。
二の腕がプルンとしている女性は縄が似合います。
胸は大きすぎない方が縄が似合います。

そんな女性を街中で見かけると、妄想の世界でその女性を縄で縛りあげています。どうしようもない変態男ですが、中には着飾った自分を縛ってほしい、縄できつく縛られたいと思っている女性もいるはずです。ぼくのような男からすると、そんな女性は宝石のような存在だということに気付いてほしいものです。人生の中でそんな宝石のような女性に何人出逢うことができるのでしょうか。

「刺青姉妹」

SM奇譚197509-2刺青姉妹

SM奇譚1975年9月号の折込カラーグラビア「刺青姉妹」
女性二人が縛られている、いわゆる連縛は嫌いじゃありません。お互いが縛られて責められるところを見られたり見せつけられたりというのはとても刺激的。ぼくは連縛はしたことがないので一度経験してみたいというのが夢です。ただ、刺青はいりません。せっかくの女性の美しい肌の邪魔になります。

「悦虐の詩」

SM奇譚197509-1悦虐の詩

SM奇譚1975年9月号の巻頭カラーグラビア「悦虐の詩」
このグラビアもなかなか良いグラビアです。特に右の写真の後ろ手にしっかりと縛られてむっちりとしたきれいなお尻を晒している姿はたまりません。撫でまわしたり、平手打ちしたり、蝋燭を垂らしてみたり、秘部を責めてみたりして女性の反応を楽しむのは最高の楽しみです。手首の縄、二の腕の縄も適度に肌に食い込んでいていいですね。左の写真はぼくの好みとしては脚はしっかりとした胡坐に縛り上げてほしかったです。

「ひと夏の体験」

SM奇譚197511-2ひと夏の体験

SM奇譚1975年11月号の折込カラーグラビア「ひと夏の体験」
これは好きなグラビアです。胡坐縛りの好きなぼくは左の写真はとても美しく感じますし興奮します。女性をこういう恥ずかしい恰好に縛り上げて秘部をじらしながら責めるのがたまりません。脚がきれいで胡坐縛りの似合う女性と出逢うと宝物のように感じてしまいます。ひと夏と言わずに何度も体験してほしいものです。

「羞恥の遊覧」

SMアブハンター197502-1羞恥の遊覧

SMアブハンター1975年2月号の巻頭カラーグラビア「羞恥の遊覧」
奥様風の落ち着いた感じのモデルがいいです。欲を言えば、一枚くらい着衣での緊縛ショットが欲しかったし、右の写真の乳房の上から下にかかった旨縄はやめてほしかったですね。掲載していない写真は脚を広げて股間を晒しているポーズが多いグラビアです。

ストーリ(原文のまま)
「こんなのイヤよッ!」恥ずかしくって、懸命に拒否し続けた美代・・・40男の蛮力に屈して、異常なる性戯を受ける・・・。非情で鮮烈な責めの縄にもふと慰撫の心が・・・

「禁色の館 人妻の淫夢」

SMアブハンター197502-3禁色の館 人妻の淫夢

SMアブハンター1975年2月号の折込カラーグラビア「禁色の館 人妻の淫夢」
縄に身を委ねてぼんやりとどこかを見つめる目がいいですね。こういう女性は虐めていて楽しいものです。右の写真は後ろ手にきつく縛られて股縄を食い込ませられている美しい写真です。

ストーリ(原文のまま)
豊満な肉体に恵まれた私は時々いけない夢を見る・・・・普通に愛されている仕合せな私なのに、夫よりももっとちがったやり方で責められたくなるのです。縄で縛られた夢-恥ずかしい、恥ずかしいんですけど、この熱い罪な柔肌を総て晒してしまいたい。そしてあらゆる淫虐に耐えてみたい!

「令嬢初縄」

SMアブハンター197502-2令嬢初縄

SMアブハンター1975年2月号の巻中カラーグラビア「令嬢初縄」
左のこれから縛られる前の写真というものは縛られた写真よりも淫靡さが漂います。無理やり縛るよりも、縛られて虐められることに少し期待しながらどうなるのかしらと戸惑いを漂わせているという雰囲気が好きです。右の写真はどの写真を掲載するか迷いましたが、縛られてしまいこれからいろんな辱めを受ける前のポーズのものを選びました。「好きに私の身体で遊んでください」という思いが伝わってくるような気がします。贅沢を言えば、モデルのスタイルがもう少し良くて水着の日焼けがなければと思います。

「濡れた屈辱」

SM奇譚197510-2濡れた屈辱

SM奇譚1975年10月号の折込カラーグラビア「濡れた屈辱」
可愛いモデルですがいやらしい乳首をしています。折込見開きページでは、脚を目いっぱい広げたポーズで縛られています。なかなか良いグラビアだと思います。

「暴虐のしとね」

SM奇譚197510-2暴虐のしとね

SM奇譚1975年10月号の巻央カラーグラビア「暴虐のしとね」
「密戯の果て」の別ショット版です。このグラビアは脚の長いスタイルの良いモデルがいろんな恥ずかしいポーズで縛られているので、見ていて変化があってけっこう楽しめて刺激的なグラビアでした。縛られて写真を撮られているときにどういう気持ちだったのかと妄想するのも興奮したものです。股間は奇譚誌やコレクター誌によくある白抜きではなく、縄でうまく隠してあるのもいいです。左の写真は右が少し欠けていますが、「SMアブハンター」や初期の「SM奇譚」は背が角綴じなので全面がうまくスキャンできません。複数冊持っていればページをばらしてスキャンするのですが、1冊しかない貴重なものなので無理なスキャンができないのがつらいところです。

ストーリ(原文のまま)
女盛りの、あぶらの乗り切った白い裸身に淫らな縄がはう。縄は執ように手足の自由を奪うと女体は羞恥の絶頂へ向かって妖しく淫らにうごめく。
カウンター
いらっしゃいませ!
 since 2005.11.21

プロフィール

コウ

二代目管理人:コウ

麻縄で後ろ手に縛られた女性に性的興奮を感じ、それを望み感じる女性に惹かれます。そういう女性は大切にしたい宝物。縛られることに焦がれる女性と話をしたり、縛って眺めたり乳首を弄んだりするのが好き。それで感じている女性を見ている時が至福のひととき。コウの中にもそういう女性ユキを幼いころから飼っています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR